北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 
おはようございます ○┓ペコリ

昨日は  だった、苫前町です (*´∀`*)

午前中は本当に雨足が強くて、あちこちで国道が通行止めに Σ(i|!゚Д゚)ヒィィィィ

おまけに苫前町内でも避難勧告が出されていて、驚きました。

ニュースに映し出された映像は、道路を横断していく川水・・・゚(゚´Д`゚)゚

帰りがけにチラリと見えた古丹別川の水位が
恐ろしいものに見えました。

午後には雨も止んだので、これ以上の被害はないと思いますが・・・。


はるさん、ご心配頂き有難うございました ○┓ペコリ
人的被害はなかったようですが、あれでは田畑が滅茶苦茶ですね。

旭川、名寄の様子もひどかったですね。

これを教訓に、川や街の整備を進めて頂きたいですね。



2014.08.06(Wed.)のダダ弁(ダサイダンナ弁当)

2014✽No.174

20140806 (3)
 豆腐の肉巻き 照り焼き
椎茸のチーズ焼き
福耳なんばんのたまご炒め
さつま揚げとこんにゃくの煮物
ラディッシュの塩漬け

 
(´・ω・)y--oO○ エート・・・
本日、特に滋味地味さんも写真もなく・・・ (*´・∀・`*)ゞ

ってか、やる気も最近なく・・・ (´-∀-`;)

今日はこの辺で勘弁してやろう <(`^´)>


ついでのワダ弁(ワタクシのダサイ弁)
20140806 (1) 
完璧なる配置ミス (・∀・)

そして、肉の巻き過ぎに気づく・・・ (´-∀-`;)


お盆も近いし、冷凍庫の中もまた少し整理しないとなぁ。

20140806 (2) 
今朝は曇り。

昨日の激しい雨が嘘のように、静かな朝です。



♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*


さて、
日曜(08/03)の占冠の続きです。

レストランメープルさんを出ると、目の前は
(※以下、写真時々拡大します)
占冠物産館 (13) 
郷土資料室になっていました。

占冠物産館 (11) 
古い衣服や、

占冠物産館 (10) 
わら靴に けはん、かな?

占冠物産館 (9) 
丸太を切り出す鋸。
みんな力持ちだったんだろうなぁ (*´∀`*)

占冠物産館 (7) 
カメラ・・・と、言うより、写真機と言うのが似合いますね。

今は本当にコンパクトでデジタルな時代なのだと、しみじみ思います。

占冠物産館 (2) 
蓄音機。
当時最高峰の品質だったもののようです。

真ん中の模様、とても素敵。

あとは紙幣の類や、食器類も多数展示されていました。

そんな中・・・
占冠物産館 (5) 
少々解せない、蛇の抜け殻 (♥´艸`)

1.3mって、そんなに大きくもない気がするし、
なにせ、ワタクシの実家の2階の部屋には、
常に抜け殻がありましたしね ((´∀`*))キャ,、'`♪

なんだか面白い資料室でした。

 
資料室をを出て、1階の物産館を覗いたのですが、
惹かれるもののなく・・・ (^ー^;)

かわりに?店長さんと思われる男性と色々長話を(笑)

苫前にも増毛にも結構立ち寄られてるようで、
なかなか話が盛り上がりました ((´∀`*))キャ,、'`♪

ダンナ様の視線が痛かったので、慌てて切り上げて次の目的地に。


・・・・って、思ったのだけど、
樹海温泉はくあ (5) 
つい、目に入ったので寄り道を (*´∀`*)

樹海温泉はくあ さんにお邪魔しました。

まぁ、多分、たまたま通りかからないと寄ることもなかったでしょうね。

玄関を開けると、
樹海温泉はくあ (4) 
地物野菜が無人販売されてます (*´∀`*)

こういうの、いいですよね。

ちょうどお昼近かったせいか、休憩室は人でびっしり ヽ(´Д`;)ノ

案の定、脱衣場もなんだか窮屈だったのですが、
意外と浴室には3人くらいしかいなくて(笑)

あずましく入れる環境ではあったのですが、
樹海温泉はくあ (3) 
かけ流されてないお風呂は少し淋しかったな・・・(´-∀-`;)

お湯はかなり塩分の強い、キシっとした肌触りですが、
上がったあとはサラサラとしました。

鵡川の四季の館のお湯ににてるかな、って思ったら、
ここは鵡川町になるんですね (*´・∀・`*)ゞ

とてもよく温まるお湯で、上がった後も汗が止まりませんでした。

樹海温泉はくあ (1) 
露天風呂。

半身浴できる感じの腰掛け部分がなくて、ちょっと寛げない ┐(´д`)┌

ちょっぴり不満は残りますが、お湯はかなりいいと思います。

樹海温泉はくあ (2) 
すっきりした洗い場に見えますが、
浴室に入った途端に排水の匂いが気になって・・・・。

排水口には髪の毛がどっさり、そのままになっていて、
実は第一印象がかなり下がってしまって・・・・。

ワタクシにしてみると、ちょっと辛口コメントになってしまったかも (´-∀-`;)

常連さんも多そうだし、今後に期待します♪


樹海温泉はくあ  HP


まぁ、なんだかんだ言って、お湯に浸かるの大好きです、な ワタクシは
今日も元気に出勤するのでございます。


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
テーマ * お弁当 ジャンル * グルメ

 

 

 

 
おはようございます ○┓ペコリ

昨日は  のち  だった、苫前町です (*´∀`*)

夕方から新聞の予報通りに雨となりました (´;ω;`)

この雨、今日も続きそうです。


2014.07.23(Wed.)のダダ弁(ダサイダンナ弁当)

2014✽No.162

20140723 (1)
 豚肉と白菜の重ね蒸し
ズッキーニの梅和え
福耳なんばんの おかかポン酢和え
ホッケの塩焼き

┐(´д`)┌ 
 
昨日はすっかり頭の中が大葉だったのよ・・・ (^ー^;)

沢山大葉を頂いたので、
大葉でジェノベーゼ、大葉味噌、
Yaruqi様に教えて頂いた、醤油ごま油漬け、

あれもこれもと日中妄想していたんですが、
帰宅すると野菜室はスッカラカン ( ;∀;)

持ち帰ったとき、お義母さんに紫蘇巻きでも作る?って
聞いたとき、ストックもあるし、紫蘇が大きすぎるから作らない、って
言ってたのに・・・

結局全て紫蘇巻きに使われてた OTL


Y様、コメント有難うございます ○┓ペコリ

義母の畑の紫蘇がモリモリになったら、必ずチャレンジしますね。



ついでのワダ弁(ワタクシのダサイ弁)
20140723 (3)
パセリがないと意外と引き締まらないのね ┐(´д`)┌

入れ忘れちゃった (*´・∀・`*)ゞ

20140723 (2) 
今朝は雨。

今は少し収まったようですが、昨夜は結構雨足が強かったです。



♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*


週末土曜の夜からのお出掛けは、白老・虎杖浜へ (*´∀`*)

ワタクシ達、結構24時間営業のスーパー銭湯的なところを利用するのですが、
この頃はそういう設備もめっきり減りました。 (´;ω;`)

白老方面行く時には、苫小牧を利用していたのですが、
数年前経営も変わって 24時間営業ではなくなってしまったのが残念。

そんな中、お初の
岩見沢ゆらら (1) 
岩見沢にある、ゆらら さんにお邪魔しました (*´∀`*)

こちらで晩ご飯とお風呂を頂いて、朝まで仮眠の予定でした。

っがっ!
岩見沢ゆらら (3) 
お風呂上がったら、入館手続きも退館手続きも すごい行列 (°д°)

確かに、お風呂の中も混雑してました。
って、言うより、大行列 (;・∀・)

ワタクシ、初めて 洗い場の空き待ちと ドライヤーの空き待ちの行列を見ました (^ー^;)

後で知ったのですが、この日、岩見沢では
大規模な野外ライブがあったようで・・・

終了後のお客さんが、こちらでお風呂や仮眠を取ろうと集中したみたいです ┐(´д`)┌

当然、寝るスペースも確保できず、
ダンナ様お疲れだったけど、そのまま先へと車を走らせました (´;ω;`)

そのまま とあるコンビニで車中泊となりました ((´∀`*))キャ,、'`♪

あ、
岩見沢ゆらら (2) 
ゆららさん、意外とラーメンが美味しかったですよ (σ´∀`)σ

特製白味噌ラーメン、頂きました (*´∀`*)

温泉も、塩分の強い、よく温まる泉質で良かったのですが、
ゆっくりできなくて残念でした。


気を取り直して、朝一で
ほくよう (1) 
虎杖浜の温泉、ホテルほくよう さんで朝風呂頂きます (*´∀`*)

朝5:00から入浴できるのが嬉しいですよね。

それに、朝食バイキングのセットをつけることも出来ます。

前回お邪魔したときは、朝食も頂きました。
手作りメニューのほっこりご飯でしたよ (*´∀`*)

ほくよう (4) 
あまり新しい施設ではありませんが、お湯は源泉かけ流しの上質なお湯です。

ぬるめ~熱めの3種の内湯の浴槽があって、( ´∀`)bグッ!

ほくよう (3) 
普通42℃の浴槽は、木の浴槽で心地いいです。

つい、長湯してしまいます。

ほくよう (2) 
屋根付きの露天風呂もあります。

でも、
ほくよう (5) 
こちらには別に庭園風の大露天風呂もあるんです。

男性の内湯からは真っ直ぐいけるのですが、
女性は一度服を着て廊下を歩いて行かねばなりません。

ほくよう (6) 
ここからも結構長い廊下を進みます。

ほくよう (7) 
(≧∇≦*)

なんか、そそる!(笑)

ほくよう (8) 
東屋風の屋根の下は洗い場になっています。

ほくよう (10)
中央部分の浴槽は直接お湯が注がれているので暖かいのですが、




ほくよう (9) 
外周の浴槽は、冷たいくらいです (´;ω;`)

露天風呂は大好きだけど、ほくようさんは内湯の方が好み。

虎杖浜特有のつるりとした肌触りのいいお湯なんですよ。


マリンパークニクス (1) 
お湯を堪能して、何年ぶりかでマリンパークニクスへ行きました(笑)

いい年しして・・・かもですが、
マリンパークニクス (2) 
右の看板の、へんないきもの展をダンナ様は見たかったらしくて ┐(´д`)┌

子供かよ(笑) って感じですが。
マリンパークニクス (3) 
怪しい雰囲気の中に ( ´Д`)キモッ って感じのものがいっぱいいます。

マリンパークニクス (5) 
まともに見れるのは、ラベンダー色のタラバくらいですかね ┐(´д`)┌

ワタクシ、もともと軟体動物や爬虫類なんかは苦手なのでね。。。

マリンパークニクス (8) 
水浴びするペンギンだったり、

マリンパークニクス (7) 
仲良しの白鳥とかもめだったり、

マリンパークニクス (11) 
クラゲゆらゆら なんかを見て癒されて来ました (*´∀`*)

周りはアジア系の外国人ばかりでしたが、
たまに童心にかえって こんな所に来るのもいいものですね。

マリンパークニクス (9) 
 またしばらく、白老・虎杖浜ネタ続きます(笑)


よろしかったらお付き合い下さいませ ○┓ペコリ


あら(´・∀・`) ちょっと風邪気味なんだけど・・・、 な ワタクシは
今日も元気に出勤するのでございます。

キコキコ ヾ(ε・`*)-8".....イッテキマッチュ♪



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 
web拍手 by FC2
テーマ * お弁当 ジャンル * グルメ

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、奥洞爺湯めぐりに出かけましたワタクシたち、
これまでの行程は、

**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(1)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(2)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(3)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(4)   こちら

ご参考ください ○┓ペコリ


✤2013.01.13(Sun.) 訪問✤ 

洞爺湖のかわなみ さんで
ゆっくり時間を過ごしたあとは、残りの湯めぐり2軒へと向かいます。


まずは、5湯目の
蟠岳荘 (1) 
☆蟠岳荘☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)


蟠岳荘 (3) 
ロビーでまず目を惹かれた、このゲーム機 (*´∀`*)

懐かしい~。
まだ動くのかな?って気になったけど、お金は入れませんでした ((´∀`*))キャ,、'`♪


蟠岳荘 (4) 
大浴場の他に、ジャグジー風呂もあるようですが、
ワタクシたちは大浴場の方へ行くことにしました。

それにしても、なんでこんなところに、
そんなパーマ機みたいなもんが あるんでしょうかね (´-∀-`;)

ちょっとタイムスリップしたような感覚に陥ります。

蟠岳荘 (7) 
浴場入口。

改装したんでしょうか?
ロビーの雰囲気とは大違いです。

蟠岳荘 (8) 
明るくて、ピンキーな脱衣場。

これまた意外。
もっと鄙びた感じを想像していました (^ー^;)

蟠岳荘 (9) 
くもってしまいましたが、お風呂は長方形の浴槽の内湯がひとつだけ。

蟠岳荘 (6)
シャンプー類はありません。
石鹸が一個だけありました。

窓が大きくて、内湯だけど開放感あります。

外の雪景色をぼんやり眺めながら、

蟠岳荘 (5) 
かけ流されるお湯をゆっくり楽しみました。

蟠岳荘 (2) 
( ´ー`)フゥー...

いいなぁ。ここ、なんか落ち着きます。

HPを見ると、お食事もお母さんの手作りな感じで
とてもいい印象でした。

今度は泊まってみたいかも (♥´艸`)

夜はダンナ様とゲーム対決 ((´∀`*))キャ,、'`♪


☆旅館 蟠岳荘 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤旅館 蟠岳荘✤

HP

有珠郡壮瞥町蟠渓18
TEL:0142-65-2277
日帰り入浴:07:00~22:00 300円 

泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉
(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温:67.2℃ pH値:7.31


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さぁ、湯めぐり最終6湯目は、

民宿たかはし (3) 
☆民宿 たかはし☆ さんです (*´∀`*)

こちら、ずっと気になっているんですが、
1階は居酒屋、2階はそばやさん をされているんですね。

仕事終わりから出発することが多いので、
居酒屋さんを併設されてる宿は有難い存在なんですよね。

周りにはお店っぽいところはないですが、
こちらなら遅くに到着しても、食事も摂れて、温泉にも入れるかも。

聞くと、居酒屋は24:00頃まで営業とか。
これは次回候補に決定かな。

まぁ、いつになるやら、わかりませんがね ┐(´∀`)┌

2階のお蕎麦屋さんの方の入口からお邪魔して、
お風呂にご案内頂きます。

お風呂は1階部分にあって、狭い階段を降りていきます。

民宿たかはし (6) 
男女で若干のお湯の温度差があるそうです。

男性用が少し高温とか。

鍵をかけて、どちらでもお好きな方に入っていいですよ、と
貸切にしてくださいました (*´∀`*)

民宿たかはし (1) 
女性用の脱衣場。

民宿たかはし (5) 
すごく細長い浴室です。

小さい浴槽が一つあるだけです。
ちょっと圧迫感があるかも (^ー^;)

こちらは覗くだけにして、男性用に入ることにしました。

男性用の脱衣場は、
民宿たかはし (4) 
洗濯機が置かれていて、更にせまい ((´∀`*))キャ,、'`♪

お風呂から上がって、二人で着替えをしましたが、
窮屈なこと (♥´艸`)

民宿たかはし (2) 
女性用の浴槽より少し広い浴槽でした。

浴槽の隅に、石が置かれていましたが、
ゲルマニウム原石だとのこと。

熱いお湯好きのワタクシたちには そんなに高温には感じませんが、
後からとってもポカポカしてくるお湯でした。

聞くと、温まりすぎて、裸のまま外に出られるお客さんも多いとか (♥´艸`)

HPのお食事も、居酒屋メニューも、
地元食材を使って、手作り感溢れてていい感じ♪

是非泊まってみたいお宿です。

☆温泉民宿 たかはし さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪ 


✤温泉民宿 たかはし✤

HP 

伊達市大滝区北湯沢温泉町39番地
TEL:0142-68-6665
日帰り入浴:10:00~15:00(湯めぐり期間中17:00まで) 500円

泉質:アルカリ性単純温泉 (低張性アルカリ性高温泉)
泉温:90.4℃ pH値:8.5


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+ 


さぁ、これで湯めぐりも無事終了 (*´∀`*)

少し淋しいけれど、帰途につかねばなりません (´;ω;`)

あ、その前に、

軽く昼ごはんを・・・ (♥´艸`)

きのこ王国 (2) 
☆きのこ王国☆ さんの、きのこそば♪

きのこ王国 (5) 
・・・と、きのこご飯(?)のセット (゚∀゚)アヒャ

ヾ(・∀・;)オイオイ ダンナ様、どこが軽く?

ワタクシは、
きのこ王国 (4) 
天ぷらうどん♪

この舞茸の天ぷら、こう見えてすごくデッカイですよー。

スーパーで売ってる1パック分はありそうです(笑)

でも、ここの舞茸は、歯触りもザクザクとしてて美味しいんです。

お土産品、オリジナルのなめたけなどなど、
商品が豊富なんですよね。

ついつい、寄ってしまいます。

そうそう、
きのこ王国 (1) 
いつも気になってて食べてなかった、1杯100円のきのこ汁。

うん、きのこのお出汁が一杯で、これは美味しかったです (*´∀`*)

晩ご飯用に、
きのこ王国 (3) 
おにぎりも購入。

あとは おみやげコーナーでジンギスカンを買えば、
夕飯の心配ナシ (♥´艸`) 


きのこ王国さんのHP  こちら 

大滝本店、北湯沢、喜茂別、仁木、と4店舗ありますが、
駐車場も店舗も広いので、観光バスも多くいつも賑わっています。


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

さぁ、この湯めぐりの旅も最終章。


あら(´・∀・`)

素直に帰るとお思いでナイわよ。

旅のラストを飾るのは、

祝梅温泉 (4) 
かしがった ボウリングのピンが目印の、


祝梅温泉 (10) 
☆祝梅温泉☆ さんです (*´∀`*)

以前、お盆休みを利用してお邪魔したことがあるのですが、
祝梅温泉さんも お盆休みで、入浴ならず (´-∀-`;)

今回はリベンジです (`・ω・´)シャキーン

祝梅温泉 (6) 
看板犬がお出迎えです (*´∀`*)

お食事中でした (♥´艸`)

とっても自由なワンちゃんでしたね。

玄関ドアを開けると、
祝梅温泉 (1) 
広い空間。

昔の家の土間みたい。

温泉というより、何か普通の家っぽいけど・・・

祝梅温泉 (3) 
中もやっぱり、普通の家っぽかった (・∀・)

ガラステーブルとソファーが置かれている場所が休憩所かな?

その奥は、おばあちゃんが座ってて、
普通の家庭のお茶の間 (♥´艸`)

そして、休憩所と茶の間の間の空間が、
祝梅温泉 (2) 
売店コーナー ((´∀`*))キャ,、'`♪

いや、これホントです。

バナナ、玉ねぎ、みかん、柿、人参などの野菜色々。

ちゃんと値段がついてますもん。

少々・・・微妙に・・・
色んな香りが入り混じっています (´-∀-`;)


しかし、本当にこちらの温泉は、
常連客の方たちで賑わっています。

コーヒー色をして、トゥルーっとした熱いお湯が味わえます。

残念ながら、お風呂の写真はございませんが・・・ ○┓ペコリ

祝梅温泉 (9) 
脱衣場のドアを開けると、こんな感じです。

姿見に体重計完備。
畳スペースで、ゆっくり休めますね。

祝梅温泉 (8) 
写真が良くないですが、脱衣棚がありますが、
かごはなかったように思います。

少々、ささくれだってたかな・・・(´-∀-`;)

祝梅温泉 (7) 
こちらが浴室への入口。

重ね重ね申しますが、写真はここまで。

お湯は本当に熱いですが、
水の出る蛇口があるので、うめるのは自由のようです。

ワタクシが入浴した時は、蛇口の近くに入浴したので、
先客の方が調整した後だったのか、良い加減のお湯でした。

そう思ってお風呂から上がると、

ダンナ様は・・・

まるで茹でダコみたいに真っ赤っかな顔で出てきました ∑(((((゚д゚;ノ)ノ

常連の方は、やっぱりこの熱さを求めてやって来るんですよね。

男性のお風呂は、あまり加水されてなかったようで、
熱い湯好きなダンナ様でも、かなりキツかった模様 ((´∀`*))キャ,、'`♪

こんなダンナ様を見たのは初めてかも、でした。


千歳、って 温泉といいラーメンといい、
なかなか侮れない街のようですね。

要チェックですね (*´∀`*)


✤祝梅温泉✤ 

千歳市祝梅2142-7
TEL:0123-29-2222
日帰り入浴:14:00~21:00(最終入場20:30) 350円

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
 (旧泉質名:含重曹-食塩泉)

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

長々と
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり シリーズ、

お付き合いいただき有難うございました ○┓ペコリ


2013年は、ダンナ様、
北海道じゃらんの 温泉スタンプラリーに燃えた年でした。

正直、ワタクシたちの好みの温泉施設は少なかったのですが、
沢山の施設を巡ることが出来て、本当に感謝です。

そして、現時点でのワタクシたちの
北海道温泉巡りは模索の旅でもあります。

またゆっくり行きたい町、ゆっくり浸かりたいお湯、
ゆっくり泊まりたい宿を見つける旅でもあります。

いつかリタイヤした後で、
心ゆくまで楽しむために。

できうれば、
そろそろ家に帰っておくか?、って
言えるような旅が出来るために。

模索の旅は続きます。

ゆるゆる更新ではありますが、
今後ともまたお付き合い頂けると幸いです ( ゚д゚)ノ ヨロ



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、奥洞爺湯めぐりに出かけましたワタクシたち、
これまでの行程は、

**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(1)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(2)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(3)  こちら

ご参考ください ○┓ペコリ


✤2013.01.12(Sat.) 訪問✤ 

4湯の湯めぐりを終えたワタクシ達。

まぁ、正直に申しますと、かなり体力消耗しております ((´∀`*))キャ,、'`♪

がっ、お楽しみはこれからです (`・ω・´)シャキーン

本日のお宿、
かわなみ (2) 
☆湖畔の宿 洞爺かわなみ☆ さんにようやく到着 (*´∀`*)

洞爺湖温泉街からは、さほど離れていないのですが、
周辺には特にお店もなく、静かな佇まいです。

かわなみ (3) 
ロビーでは薪ストーブに火が入れられています。

かわなみ (1) 
そんなに大きなホテルではなさそうですが、
設備は充実しています。

アロマ酸素バーやエステ、岩盤浴、
 田中正文さんという写真家さんの写真館もあります。

それに、
かわなみ (23) 
卓球台 (^o^)ノ イエー!

もちろん、夕食後に夫婦で対決に燃えたのは 言うまでもありません ((´∀`*))キャ,、'`♪

卓球台のこちら側には、ビリヤード台もありました。

ペット同伴OK、宿泊者は個室温泉「地音(じお)の湯」も利用可能です。

まぁ、ワタクシたちは、1時間1500円別途、と聞いて
入りませんでしたが・・・ (^ー^;)

かわなみ (5) 
お部屋は和室です。

スケベオヤジが窓から覗いておりますが、
外は既に真っ暗で、何も見えません ((´∀`*))キャ,、'`♪

食事前のひとっ風呂、といつもなら行くところですが、
直前までお風呂につかっていたので、先に夕食を頂くことに。

かわなみ (7) 
食事処で頂きますが、
それぞれ個室になっていて、気兼ねなくできます。

窓は湖側に向かっているわけではないのですが、
こういう座り位置も面白いですね。

少し足元が寒いのですが、ひざ掛けを用意してくれています。

かわなみ (4) 
カニカマとイカのマリネ、蕗とニシンを炊いたもの、お豆腐、
オクラとえのきの和物、きゅうりのお漬物。

かわなみ (8) 
後出しで、サーモンと甘エビのお造り。

そして、二人の間にデンとセットされたお鍋は、
かわなみ (6) 
具だくさんの陶板焼き (*´∀`*)

しめじ、ウインナー、ピーマン、ナス、ニラ、鮭、海老、ホタテ、
たまねぎ、もやし、じゃがいも。

かわなみ (9) 
蒸しあがってから気づいた、豚肉 (♥´艸`)

これを、壮瞥産りんごたっぷりの、かわなみさん特製のタレで頂きます♪

さっぱりと美味しく頂きました (*´∀`*)

締めのご飯には、
かわなみ (10) 
お味噌汁ではなく、お蕎麦がつきました。

結構ボリューミーですね。

お腹いっぱい、頂きました、ごちそうさまでした モグ (((´~`))) モグ

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さて、栄養を摂り過ぎたので、また温泉へ。

かわなみ (13) 
ちょっと館内入り組んでいるのですが、
いや、それはワタクシが建物内方向音痴だからかもしれません (♥´艸`)

町中を歩くときは、間違いなくダンナ様より方向感覚上なのに、
建物の中ではダメなんです。

浴室から出る時ですら、出口がわからなくなります テヘヘッ(*゚ー゚*)>

浴場は地下へ行くような感覚で、ロビーから階段を下りて行きます。

かわなみ (16) 
脱衣場です。

かわなみ (15) 
すっきりとしていて、清潔感があります。

内湯はものすごい湯気で、ちっとも写真は撮れませんでした (´-∀-`;)

100422-715T5337 
ちっちゃいけど、HPよりお借りしました ○┓ペコリ

L字のような配置で、ちょっと変わっていましたが、
暗くて くもってて、よく分からずじまいでした テヘヘッ(*゚ー゚*)>

かわなみ (11) 
夜の露天風呂。

屋根はかかっていますが、雪化粧したお庭を眺めながら、
静かな時間を過ごしました。

かわなみ (12) 
お湯が注がれる音が、とても心地よかったです。

少しぬるめだったので、ここから離れられなかっただけ、
とも言う・・・ (´-∀-`;)

でも、露天風呂はやっぱりいいなぁ・・・( ´ー`)フゥー...


☆かわなみ さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪

こんなに整った設備の温泉宿で、塩素消毒なし、24時間掛け流し
ってそうそうないですよね。


✤湖畔の宿 洞爺 かわなみ✤

HP


有珠郡壮瞥町洞爺湖温泉53
TEL:0142-75-2715
日帰り入浴:11:00~21:00(土曜・休前日16:00) 600円 

泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
(中性低張性低温泉) (旧泉質名:含重曹・石膏‐食塩泉)
泉温:32.8℃ pH値:6.52


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


✤2013.01.13(Sun.) 訪問✤

一夜明けて。

かわなみ (22) 
部屋の窓からは、青空と洞爺湖が姿を現しました (*´∀`*)


もちろん、
かわなみ (20) 
朝風呂も楽しみましたよ。

かわなみ (21) 
毎度のことだけど、こうした時間を過ごしていると、
どんどん お家に帰りたくない気持ちが
大きくなって来てしまいます (^ー^;)

子供みたいですね ┐(´∀`)┌


今日もまだ湯めぐりが残っているので、
ハラが減っては戦ができぬ。

かわなみ (14) 
朝ごはん でござる (*´∀`*)

イカ刺し、冷奴、生たまご、鮭、たらこ、山菜の和物、
野菜サラダとたまごやき、梅干、漬物、納豆、海苔。

かわなみ (19) 
ご飯とふのりのお味噌汁。

コーヒーやお茶、水などの飲み物は、セルフです。


かわなみ (18) 
イカ刺し。

朝からお刺身は、あまり頂かない方ですが、
納豆があったので、イカ納豆にして頂きました。

ちょっとお野菜少ないけど、
たらこや生たまごなどが豊富だったので、ごはんお代わりしちゃいました (*´・∀・`*)ゞ

☆かわなみ さん、ごちそうさまでした☆ モグ (((´~`))) モグ


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


惜しみつつも、いよいよ出発。

残りの湯めぐりへと向かいます。


湯めぐりも後ふたつ。

なんか、随分頑張ったなぁ、などと感心するくらい (♥´艸`)
残りのお湯も、有り難く頂きましょうね (*´∀`*)

と、いう訳で、

**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(5)へと続きます ( ^ω^)_凵 どうぞ 



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ

 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 

過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、奥洞爺湯めぐりに出かけましたワタクシたち、
これまでの行程は、

**温泉グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(1)  こちら

**温泉グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(2)  こちら
ご参考ください ○┓ペコリ


✤2013.01.12(Sat.) 訪問✤ 

さぁ、長々と引っ張っておりますが、
ワタクシの食いしん坊な心の現れと思って頂いて・・・ (*´・∀・`*)ゞ 

食べた分、そしてこれから食べる分の
消費に向かいます (`・ω・´)シャキーン


まずは、
湯人家 (2) 
☆ばんけい温泉 湯人家(ゆのとや)☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)

奥洞爺、って意外に広範囲なんですねぇ。

こちらの温泉では、
湯人家 (3) 
看板犬ならぬ、看板ハムスターがいます (♥´艸`)

ちょっとお顔が見えてないのが残念ですが (^ー^;)

個室を与えられて、3~4匹、飼育されてました。

湯人家 (4) 
白が基調の、すっきりしたスペース。

食堂もあって、入浴セットのプランもあるようです。

湯人家 (9) 
脱衣場もすっきりとしていて、清潔感を感じます。

 湯人家 (1)
脱衣スペースは広くはありませんが、
他のお客さんもいなかったので、不便は感じませんでした。


湯人家 (8) 
内湯です。

開けた瞬間、ものすごい湯気で・・・ (*´・∀・`*)ゞ 

手前の浴槽がバイブラ風呂になってます。

源泉温度が92℃と高温なので、浴槽のお湯も高めです。

とは言っても、ワタクシたちは熱いお湯が好きなので
物足りないくらいなんですが (^ー^;)

植木鉢の向こうに扉があって、
湯人家 (7) 
露天風呂があります (´-∀-`;)

2、3人入ると もう窮屈なサイズで、
あまり開放感の感じない露天風呂ですが、

外の空気で顔を冷やしながらの入浴は気持ちいいです。

透明で、ちょっとツルキシ感のあるお湯は、
それだけで充分 疲れた体へのご褒美です (*´∀`*)

☆湯人家 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ばんけい温泉 湯人家✤

HP

有珠郡壮瞥町字蟠渓8-10
TEL:0142-65-2225
日帰り入浴:11:00~21:00   500円

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
泉温:92.2℃


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さて、湯めぐり 2湯目は、壮瞥温泉の
いこい荘 (2) 
☆旬菜宿坊 いこい荘☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)

玄関&ロビー。
いこい荘 (1)
どことなくレトロちっくな感じがします。

いこい荘 (4) 
脱衣場はとてもシンプル。

残念ですが、ドライヤーは なさそうです。

いこい荘 (3) 
洗面台と反対側の壁側に棚が設けられています。

カゴ・・・なかったかもしれません。

いこい荘 (5) 
内湯のみの、こじんまりとした浴室。

と、ここで子供連れのご家族が入って来られたので、
写真はこれだけ (^ー^;)

左中央の、浴槽前の機械の箱?
これが少々邪魔くさくてしょうがなかったです(笑)

カラン、シャワーは左手に1箇所、右手に3箇所。
リンスインシャンプーとボディーソープ完備です。

こちらは少し緑がかった、透明でなめらかなお湯ででした (*´∀`*)

☆いこい荘 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤旬菜宿坊 いこい荘✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉83番地
TEL:0142-75-2522
日帰り入浴:07:00~09:00, 15:00~21:00   300円

泉質:含芒硝食塩泉
泉温:43.4℃ pH値:6.6

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+



さて、湯めぐり3湯目。

ホテル中の島 (2) 
☆ホテル 中の島☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

正直、いこい荘さんからそんなに離れてなくて、
服の脱ぎ着も面倒なくらい チャウ((・ェ・。)(。・ェ・))チャウ

湯めぐり制覇のため、頑張ります ハィ★(o´3')ノ

玄関ロビーは少々暗い感じで、淋しげだったのですが、

ホテル中の島 (1) 
浴室も淋しげ (・ω・`)

真ん中は、乾燥機でしょうか。

ホテル中の島 (7) 
あ、洗濯機 (♥´艸`)

長期滞在の方が多いんでしょうかね。

ホテル中の島 (6) 
脱衣場はとても清潔感があって ( ´∀`)bグッ!

ホテル中の島 (4) 
浴室は変形の湯船が一つ。

ホテル中の島 (3) 
シャンプー類完備。


ホテル中の島 (5) 
お湯は無色透明に見えますが、若干茶色がかっています。

入浴前にフロントの方にも言われましたが、
お湯はぬるめです。

気温が低くなると湯温が下がります、と浴室に張り紙がありましたので
加温はしていないということですね。

お湯はぬるくても、塩化物泉なので
上がった後でもポカポカとします。

終始 他のお客さんもなく、ゆっくりとお湯に浸かることができました (*´∀`*)


☆ホテル 中の島さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ホテル 中の島✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉103番地
TEL:0142-75-4115
日帰り入浴: ?   400円

泉質:ナトリウム・カルシウム‐炭酸水素塩・硫黄塩・塩化物泉
(中性低張性高温泉)

泉温:43.4℃ pH値:6.6

 +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


お風呂上がりのポカポカが なかなか引かないままですが、
湯めぐり4湯目。

ペンションおおの (2) 
☆ペンション おおの☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

右がペンション入口、左がレストランの入口になっています。

実は、この日お休みだった模様・・・ (^ー^;)

がっかりした顔が 功を奏した?のか、
「でも、いいですよ。どうぞ。」
って、優しいお言葉 (*´∀`*)

嬉しいなぁ。
対応してくださった奥様、本当に感じ良くて
泊まってみたくなりました。

ペンションおおの (5) 
玄関からまっすぐ階段を昇って、浴室へ。

ペンションおおの (6) 
姫がお出迎え (♥´艸`)


ペンションおおの (7) 
何となく、我が家のお風呂場のような雰囲気の脱衣場。

画像が小さいですが、
洗面台の鏡の横の張り紙、「シャンプーバー」のご案内なんです。

張り紙の下に、沢山ボトルが置いてあって、
自分の好みのシャンプーを選んで使えるんです。

いいですね、こういうサービス (♥´艸`)

ペンションおおの (8) 
脱衣カゴの配色も、演出かな?


ペンションおおの (1) 
こちらも内湯だけのお風呂ですが、お湯は熱めです。

ペンションおおの (9) 
シンプルですが、何故か落ち着くお風呂でした。

お湯は黒っぽく見えますが、透明です。

こちらは温泉ではなくて、
有珠山の山麓から採取した溶岩石浴槽に、ブラックシリカを使用したお湯が
注がれているんですね。

《ブラックシリカとは》
ブラックシリカは北海道、上ノ国町でしか採掘されない、
数億年前に珪草類が堆積してできた天然鉱石です。
常温でも97%以上の遠赤外線を半永久的に放射するという
優れた特性をもった世界でも稀少な石です。

※HPより引用

名前は聞いたことはあったけど、
効果絶大なんですね。
勉強になりました ○┓ペコリ

ペンションおおの (4) 
左の蛇口からは水が出るので、自由に温度調節できます。

でも、ワタクシにとってはこの熱さがちょうど良かったので、無用でした。

ペンションおおの (3) 
マーライオン?
気に入りました (・∀・)

お休みだったのに、快く入浴させて下さって、とても感謝です ○┓ペコリ
オーナーのお人柄も良さそうで、アットホームな雰囲気が良かったです。

☆ペンション おおの さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ペンション おおの✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉56-2
TEL:0142-75-4128
日帰り入浴:07:00~10:00,15:00~20:00(湯めぐりの客のみ)

泉質?:ブラックシリカ原石使用の溶岩風呂


少々お湯疲れしましたが(笑)、
今夜のお宿へ参ります~。

続きは、
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(4)
へ続きます (*´∀`*)



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ


 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。