北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m 


小樽に始まり、古平、積丹、神恵内、泊村と
温泉を巡ったワタクシたち。


これまでの行程は、
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(1)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(2)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(3)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(4)  こちら



ご参照ください ○┓ペコリ



✤2013.02.10(Sun.) 訪問✤ 


宿を出発したワタクシ達、

岩内町内のお店で少々お買い物をしてから、

鶴亀温泉 (4) 
☆鶴亀温泉☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

余市の国道沿いにあって、いつも人が沢山いるんですよね。

施設も新しくて、中も広々。

鶴亀温泉 (5) 
玄関先の気になる流木?アート (♥´艸`)

早速、温泉へと向かいます。
鶴亀温泉 (1) 
脱衣場入口です。

そして、ここから先は全く画像なし (・∀・)

ほんとね、ひっきりなしにお客さんが出入りしてましてね。

人気なんですねぇ。


鶴亀温泉 (3) 
なので、パンフレット画像を・・・(笑)

奥の方の浴槽が、茶色い塩化物泉です。
パンフレットにあるとおり、湯冷めしにくい よく温まる泉質です。


鶴亀温泉 (2)
露天風呂。

確か、もう一つ浴槽があったと思います。

オーナーさんが変わって、平成20年にリニューアル。

それまで循環ろ過式だったのが、かけ流し方式にされ、
温泉好きな方には嬉しいリニューアルですよね。

閉館される温泉施設が目立つ中、
こういうニュースはとても嬉しいですね (*´∀`*)


☆鶴亀温泉さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤鶴亀温泉✤

HP

余市郡余市町栄町22-1
TEL:0135-22-1126


日帰り入浴:10:00~22:00 (最終受付 21:30)  600円 
毎月第3月曜休館 

泉質:ナトリウム-塩化物泉
(低張性中性高温泉)
泉温:47.8℃ pH値:7.4




+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さて、身体は温まったので、
胃袋を温めて帰りましょうかー (*´∀`*)

正直、帰りたくはないんですがね ┐(´д`)┌


この日のお昼ご飯は、
初代 (2) 
小樽市の ☆らーめん 初代☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

ワタクシたちが小樽に来る時は、大抵到着が夜中近くで・・・ (´-∀-`;)

営業終了時間の早いお店が多いので、
お寿司やラーメンにありつけないことが多いのよね (´;ω;`)

久しぶりの小樽のラーメン♪

行列の出来るお店という噂にたがわず、この日も入口に5~6名立っていました。

蔵を改造された店舗なのか、レトロな外観です。
中はちょっとウッディーな雰囲気だった・・・かな(笑)


記憶も薄れかけてるので、早速 ダンナ様チョイス。
初代 (7) 
白たまり醤油 890円

一日30食限定。
白ワインをベースに、魚介のスープ、
味付けは天日干し塩、白たまり醤油と鮭の魚醤が隠し味 (*´∀`*)

確かに、魚介の旨みがきいててウマし ( ´∀`)bグッ!

トッピングのお肉もとても大きくて柔かいんです。
写真・・・そんな風には全然見えませんね (^ー^;)


ワタクシチョイス。
初代 (8) 
新味噌 800円

何やら、生にんにくと中国山椒を合わせた味噌を熟成させたものを
使用しているらしいです。

山椒、ワタクシ あまり好きではない方ですが、
それでも最後まで美味しく頂けましたよ。

初代 (6) 
麺は縮れの少ないタイプ。

薄くて大きなチャーシューも、とても柔らかかったです (*´∀`*)


☆らーめん 初代☆ さん、ごちそうさまでした モグ (((´~`))) モグ

✤らーめん初代✤
 HP



関連ランキング:ラーメン | 南小樽駅


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

そんなこんなの、岩内の旅。

ダラダラとしてしまいましたが、
ようやく最終章でございます (●´ω`●)ゞてへ


あ、
お土産はもちろん、

岩内おみやげ (8) 
たちかま! (`・∀・´)

岩内おみやげ (9) 
ぷるん♪

冷凍保存して、ちまちま楽しみます (*´∀`*)

そして、
岩内おみやげ (1) 
た~らこ♪

岩内おみやげ (4) 
た~らこ♪

岩内おみやげ (2) 
た~っぷり た~らこ ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

た~らこ 食べたら
岩内おみやげ (5) 
真だらの子 ((´∀`*))キャ,、'`♪

コレステロールにご注意な旅でした (*^m^*) ムフッ!


さて、次は・・・

一体どこに行ったんだったっけ・・・ ┐('~`;)┌
 


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ




 
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年以上遅れで、失礼いたします m(_ _)m 


小樽に始まり、古平、積丹、神恵内、泊村と
温泉を巡ったワタクシたち。


これまでの行程は、
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(1)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(2)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(3)  こちら

ご参照ください ○┓ペコリ



✤2013.02.09(Sat.) 訪問✤ 


お風呂を堪能したあとは、お待ちかねの夕食です (*´∀`*)


岩内高原ホテル (54) 
テーブルには、既にずらりと料理が並べられています。

岩内高原ホテル (52) 
食前酒まで (♥´艸`)

オードブル的なお皿には、
岩内高原ホテル (56) 
ホタテのベーコン巻き、エビの唐揚げ、タコのスモーク、煮魚?、もずく酢。

岩内高原ホテル (53) 
あとこれ、ワタクシの大好きな子持ち昆布。
数の子で昆布を挟んであるんです。

留萌の井原水産さんでも出してますが、いいお値段でね (^ー^;)

それと、
岩内高原ホテル (60) 
エビとトビッコの和えたもの。

深~い器の中なので、少々遠目になっております (・∀・)アヒャ


こんなふうに ちょっとずつ色んな種類を頂けるのって
嬉しいなぁ (*´∀`*)

酒飲みなもんでね (*´・∀・`*)ゞ


岩内高原ホテル (55) 
お鍋は豚しゃぶ。
もちろん、お肉は道産豚肉。


卓上のコンロの網では、
岩内高原ホテル (61) 
アワビのダンスが始まります ((´∀`*))キャ,、'`♪

確か、お刺身か、踊り焼きか、調理方法が選択できます。

ワタクシ達焼きを選択したのですが、
ちょっと降ろすタイミングが悪く、焦がし気味に・・・ (´-∀-`;)

それに、軍手もナイフもないので、
熱くて触れないし、かぶりつけないし・・・(;´Д`)

アワビはステーキがいいな・・・と ちょっと思いました (´-ω-`)

後出しで、
岩内高原ホテル (51) 
お造り (*´∀`*)

ヒラメ、ボタンエビ、マグロ、ウニ、ホタテ。

岩内高原ホテル (50) 
ウニ (*´∀`*)

まぁ、この時期は地物ではありませんが、
塩水うになので、ワタクシでもOK ( ´∀`)bグッ!

結構大きな粒で、立派でした。

岩内高原ホテル (47) 
そりゃぁ、もう、日本酒の世界へようこそ(笑)

怒涛、という荒々しい名前とは裏腹に、
スーっと飲みやすいお酒でした。

岩内高原ホテル (45) 
天ぷら盛り合わせ。
カニの天ぷら~ (*´∀`*)

北海道らしくて、よろしいですわね (♥´艸`)

岩内高原ホテル (43). 
パイ包みスープ。

和の雰囲気から、いきなりのメニューのような気もしますが (^ー^;)

岩内高原ホテル (41) 
フカヒレ・・・出てきた (゚∀゚)アヒャ

すごく意外でしたが、パイも美味しくて
いい意味の裏切りメニューでした ( ´∀`)bグッ!

締めのご飯は、

岩内高原ホテル (38) 
いくら丼じゃないですかー ヽ(´Д`;)ノ

提供のされ方が 何か面白いですが(笑) 白飯じゃないって
嬉しいですね。

ワタクシ達、お酒のつまみで料理を頂くので、
締めのご飯の頃には、何でご飯を食べようか?ってことになることも多くて(笑)

岩内高原ホテル (37) 
よく見たら、鮭といくらの親子丼 (♥´艸`)

いくらの粒も大きくて、濃厚♪

岩内高原ホテル (40) 
おつけものと

岩内高原ホテル (39) 
お味噌汁 (´-∀-`;)

月が浮かんでるようでしょ (σ´∀`)σ

いや、ただの天井の照明の写り込みの、
稚貝の味噌汁だった ( ´・_・`)カナー (忘)


確か2食付き1万2~3000円くらいのプランでしたが、
すごいボリュームで驚きました。

正直、欠けた器で提供されたものもあり、
気にされる方は気分を害するかもしれません。

そんなに手が込んだものも ない感じはしますが、
ワタクシたちはお腹いっぱいで、満足しましたよ♪


☆いわない高原ホテル さん、ごちそうさまでした☆ モグ (((´~`))) モグ



+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


✤2013.02.10(Sun.) 訪問✤


夕ご飯を食べ過ぎたので、
ワタクシは食後にもお風呂、朝一にもお風呂、と温泉ざんまい(*´∀`*)


朝風呂の後に、ふと
岩内高原ホテル (29) 
ロビーでモーニングコーヒーのサービスを発見 (*●∀●)キラン☆ミ


朝7:00とは言え、
岩内高原ホテル (26) 
ロビーの照明もダウンライトで、人気もなかったけど、

岩内高原ホテル (62) 
なんだか ひどく気持ちが落ち着いて、

岩内高原ホテル (28) 
まだ薄暗い外をぼんやり眺めたり、
雑誌をパラパラと読んだり、束の間 ゆったりと贅沢な時間を過ごしました。

岩内高原ホテル (20) 
どう見ても原型はそうじゃないだろう?
な街燈さえセクシーに見える (・∀・)

あぁ、なんて
岩内高原ホテル (25) 
乙女な気分のオバハン一人・・・ (´-∀-`;)

まぁ、たまにはこんな時間もええじゃろう・・・ ヾ(・∀・;)オイオイ



+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


そんなおバカなことをしてましたら、

あっと言う間に朝ごはんの時間になりましてね (♥´艸`)

夕食と同じ会場で、朝ごはんです (*´∀`*)


朝食会場のドアを開けると、

岩内高原ホテル (15) 
あぁ、なんてことでしょう (☆∀☆)

たちかま実演コーナーです (*●∀●)キラン☆ミ

あ、たちかま を作るのではなく、
切ってお皿に盛るだけのようですが・・・・ (^ー^;)

岩内高原ホテル (13) 
わさび醤油で頂きますよ♪

岩内高原ホテル (8) 
プニュグニした食感がクセになります ( ´∀`)bグッ!

朝から日本酒が飲みたくなります(笑)


岩内高原ホテル (14) 
朝食オールスターズは、こんな感じ。

岩内高原ホテル (9) 
塩辛、たらこ、わさび漬けの珍味盛り。


ご飯がすすみますねぇ (*´∀`*)


ふきの煮物、納豆、

お鍋はお鍋はお味噌汁で、コンロで温めて、
岩内高原ホテル (11)
最後に具を入れて頂きます。

岩内高原ホテル (6)
アツアツお味噌汁の出来上がり♪

こういうのも面白いですね (*´∀`*)

ここに たちかまも投入すれば良かったと
今更後悔 (´-∀-`;)


お魚は鮭と、味噌漬けの白身魚。
蓋物は・・・写真を撮り忘れて正体不明 (^ー^;)

たちかま実演コーナーの隣では、
岩内高原ホテル (12) 
だし巻きの実演コーナ。

出来立てアツアツのだし巻き、お味も好みで (゚д゚)ウマー


なんといっても、
岩内高原ホテル (5)
プチプチがたまりません (♥´艸`)

もう、これだけでご飯が進んじゃう♪
おかわり?

しましたよ、もちろん <(`^´)>


あぁ、やっぱり岩内いいわぁ~。

温泉付きの物件もあるし、ワタクシ的移住したい北海道の町の一つなんです (♥´艸`)

あ、今のとこ、No.1は白老・虎杖浜 (。-∀-)ィヒ♪

それはさておき、朝から大満足のご飯でした♪


☆いわない高原ホテルさん、ごちそうさまでした☆ モグ (((´~`))) モグ


✤いわない高原ホテル✤

HP

岩内郡岩内町字野束506番地
TEL:0135-62-5101


日帰り入浴:(平日)15:00~20:00 1000円
(日・祝日)12:00~20:00 

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(低張性中性高温泉)
泉温:49.9℃ pH値:7.32

塩素消毒有り


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


名残惜しいですが、これから家路へ・・・。

岩内町内で少しお買い物をして、
温泉一軒、ランチして帰る予定です。

**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(5)へ続きます。
( ゚д゚)ノ ヨロ


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 




今日のお宿に向かうワタクシたち。

時折、強く雪が降ったものの、吹雪じゃなくて助かりました。

まぁ、夏でも冬でも、
嵐を呼ぶ男のダンナ様と一緒では、
素敵な景色などは拝めませんがね ┐(´∀`)┌

積丹~古平~岩内 風景 (4) 
この辺の景色は、奇岩が多く見られるところ。

積丹の海は、積丹ブルーの美しい海。

冬の海でも、波は白波ではなく、青い波です。

積丹~古平~岩内 風景 (1) 
これは、ロウソク岩かしら?

苫前のロウソク岩とは雲泥の差 ((´∀`*))キャ,、'`♪
それっぽいわぁ。

積丹~古平~岩内 風景 (2) 
同じ日本海だと言うのに、別の顔ですわよね。

積丹~古平~岩内 風景 (3) 
昔のこちら方面のトンネルは、「ほら穴」のイメージでしたが、
今は随分と整備されて来ましたね。

大型車とも、安心してすれ違えます (^ー^;)

※以上の写真の地域の特定はしかねます(笑)
積丹~古平当たりの海岸道路から見えた風景です。


さ、そんなお話をしているうちに、
お宿に到着です (`・ω・´)

岩内高原ホテル (21) 
外観写真を撮り忘れて・・・(*´・∀・`*)ゞ

☆いわない高原ホテル☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

岩内高原ホテル (7) 
到着すると、ロビーのソファーに案内されて、

岩内高原ホテル (3) 
お茶と羊羹のサービス (♥´艸`)

料理長の手作り羊羹で、とても美味しかったですー。

岩内高原ホテル (1) 
ボールペンも北海道らしくて素敵 (・∀・)


岩内高原ホテル (10) 
お部屋は海側の和室ですが、

ホテル自体は洋風な雰囲気。

岩内高原ホテル (2)

階段の途中にも、木のオブジェが施されていたり。

 岩内高原ホテル (4)


階段の上からのロビーの眺め。
岩内高原ホテル (58) 
あまりごちゃごちゃし過ぎてなくて、落ち着きます。

岩内高原ホテル (57) 
柄にもなく、乙女チックな気分で写真を撮りまくる、オバハン一人・・・(♥´艸`)

こちらのホテルの敷地はとても広くて、庭園、テニスコート、
荒井記念美術館、ログハウス、バーベキューテラスなどなど盛りだくさん。

夏はアクティブに楽しめそうですね♪

ワタクシには、お伝えできなくて残念ですが・・・ (*´・∀・`*)ゞ 




ワタクシ達、これまでに結構お風呂は入ってきたのですが、
到着早々、お風呂へ行くことに。

と、言うのも、大浴場は 夜1:00~朝5:00までは入浴できないことと、
予約制で宿泊客には貸切のお風呂も利用出来るとのこと。

食事の時間、貸切風呂の時間を考えると、
今でしょ (σ´∀`)σ 的な・・・ (´-∀-`;)


岩内高原ホテル (17) 
浴室入口です。


岩内高原ホテル (16)
ちょっとした休憩スペースに、
マッサージチェアとトレーニングマシーンが置いてあります。


岩内高原ホテル (48)
脱衣場はシンプルですっきりしています。

岩内高原ホテル (49) 
洗面台には、化粧水などのアメニティはありません。

脱衣場自体、広くはありませんが、
客室数も33部屋ほどなので、あまり混み合うことはなさそうです。


岩内高原ホテル (34)
内湯です。

岩内高原ホテル (30)
澄んだお湯ですが、こちらも食塩泉ですので、
身体の温まりは ( ´∀`)bグッ! です。


岩内高原ホテル (32) 
かけ流される音を聞きながらの入浴は、やっぱり落ち着きます。

天気ががいいと、大きな窓から景色が楽しめると思います。

この大きな浴槽の脇に、 

 岩内高原ホテル (31)
ちいなさ浴槽が設けられています。

子宝の湯、というネーミングがされていましたが、
正直違いがよく分からず・・・(^ー^;)

温度の違いだけかな?

男湯は、長寿の湯だったそうです。

岩内高原ホテル (46)
内湯からの眺め・・・ビミョウ (・∀・)

冬はいかんですね ┐(´∀`)┌


露天風呂へは、内湯から
岩内高原ホテル (22) 
この階段を降りて行きます。


岩内高原ホテル (19) 
ちょっと細長くて写しにくいのですが・・・。


岩内高原ホテル (24)
ちょうど内湯の下に露天風呂がある感じで、
こちら側には開放感は感じられません。


岩内高原ホテル (23)
建物の下になっていない部分は、
雪見の露天風呂が楽しめて ( ´∀`)bグッ!

でも、ちょっとぬるめで・・・ (´-∀-`;)
あまり長居はできませんでした。

岩内高原ホテル (27)
結局、お湯が注ぎ込まれている
開放感のない部分に へっぱりついて おりました (*´・∀・`*)ゞ 

源泉温度が高いので、加温はせずに、
気温の低い時だけ温湯を加えている、と表示がありました。


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


予約制の貸切風呂の方は、

岩内高原ホテル (59)
実は、かなり イイです(笑)

こんなちっちゃい浴槽だけ?
って、思いますでしょ?

左のドアを開けると、
岩内高原ホテル (35)
寝湯の浴槽が、ふたつ並んでいます (♥´艸`)

いいわぁ~、これ。

宿泊者は無料で利用できるし、家族風呂の内湯だけのものだろうと
想像していたのですが、いい意味で予想を裏切られました。

貸切風呂は2タイプあって、もう一つは確か、樽の形状の浴槽だったと思います。

岩内高原ホテル (36) 
岩内の夜景も見られますよ。

空いてたら、何度でも貸し切りたかったな (*´∀`*)


☆いわない高原ホテルさん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤いわない高原ホテル✤

HP

岩内郡岩内町字野束506番地
TEL:0135-62-5101


日帰り入浴:(平日)15:00~20:00 1000円
(日・祝日)12:00~20:00 

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(低張性中性高温泉)
泉温:49.9℃ pH値:7.32

塩素消毒有り


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


お風呂も堪能したので、これからお待ちかねの晩ご飯です (*´∀`*)


**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(4)へ続きます。
( ゚д゚)ノ ヨロ


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、小樽から古平入りしたワタクシたち。

これまでの行程は、
**温泉グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(1)  こちら

ご参照ください ○┓ペコリ



✤2013.02.09(Sat.) 訪問✤ 

古平の温泉を後にしたワタクシたち、
次の目的地は、積丹町です。

岬の湯 (3) 
ど・・・ドコ? ドコ?(((゚д゚;≡;゚Д゚)))ドコ?

岬の湯 (4) 
☆岬の湯 しゃこたん☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

ちょうど雪が激しくなって、ちょっと嫌な予感 (^ー^;)

岬の湯 (7) 
でも、おかげで?かどうかわかりませんが、
ほかのお客さんの姿もなく、ちょっとラッキー♪

岬の湯 (13) 
こちらも新しそうな施設ですね。

岬の湯 (14) 
脱衣場も洗面台もとても綺麗です。


岬の湯 (15) 
洗い場の数もこんなにあります (*´∀`*)

結構ね、洗い場の場所取りが多くて、困るんですよね (・ω・`*)ネー

岬の湯 (11) 
曇っちゃいましたが、内湯です。

大きな浴槽の真ん中手前にジャグジーが設けられています。

岬の湯 (10) 
反対側から。

お湯は古平とは全く違う、透明なお湯です。

岬の湯 (8) 
でも、こちらも食塩泉なので、よく温まりますよ (*´∀`*)


露天風呂は、
岬の湯 (9) 
敷地が広い ヽ(´Д`;)ノ

浴槽まで、雪の上を歩かねばなりません :(;゙゚'ω゚'):サムィー

ここは気合で(笑)

岬の湯 (6) 
浴槽も広くてあずましいです~。

でも、この雪と、海からの風が厳しい(笑)

露天風呂、大好きですが、さすがにあまり長居はできませんでした。

夏ならとても気持ちいいだろうな~って、思います。

岬の湯 (5) 
お湯の湧き出るところで じっとしてました (,, ' 艸') ププッ!

せっかく誰もいないのに、のびのびした感じがしませんでした (*´・∀・`*)ゞ 

岬の湯 (2) 
露天風呂からの 海・・・・ (´-∀-`;)

やっぱ、積丹は夏ですねぇ (♥´艸`)


天候は残念でしたが、とても気持ちのいいお湯でした♪

☆岬の湯 しゃこたん☆さん、いい~お湯でした ('-'*)アリガトゥ♪


✤岬の湯 しゃこたん✤

HP

積丹町大字野塚町212-1
TEL:0135-47-2050


日帰り入浴:10:00~21:00 600円 
(冬期時間変更あり)

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(中性高張性高温泉
泉温:52.5℃ pH値:7.18


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さぁ、次は神恵内に向かいます。

神恵内温泉の前に、お昼ごはんです。

勝栄鮨 (2) 
勝栄鮨☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

積丹町のイメージが強くて、神恵内に飲食店って
あるのかしら?などと、失礼なことを考えていましたが、どうして。

口コミも良かったので、寄らせて頂きました。

勝栄鮨 (3) 
メニューはこちらのみ。

特に黒板メニューなどもなかったように思います。

勝栄鮨 (5) 
寿司の出番を待つ、の図 (・∀・)アヒャ

ダンナ様のチョイス。
勝栄鮨 (8) 
寿司(おまかせ) 十二貫 3000円 

リッチすぎるお昼ご飯だー ヽ(*´∀`)ノ

勝栄鮨 (1) 
トロ、ハマチ、白身(ヒラメかな)、縁側、ホッキ、
イカ、あわび、赤貝、タコ、ボタン海老、イクラ。

どれも活きが良さそう \(◎o◎)/!


ワタクシのチョイス。
勝栄鮨 (9) 
生ちらし(上) 2200円


勝栄鮨 (6) 
別の角度から (^ー^;)

ホタテ、ホッキ、ハマチ、トロ、赤身、つぶ、イカ、アワビ、いくら。

勝栄鮨 (7) 
いくらゾーン(笑)

ホタテはしょっちゅうもらって食べるけど、
結構地域で違うんですよね。

じゃくっとした歯ごたえの、美味しいホタテでした。

どのネタも新鮮で美味しかったです♪

ただ・・・ダンナ様はネタが大きいのが苦手で・・・ (´-∀-`;)
普通の人なら大喜びだろうにサ ┐(´∀`)┌

まったくもって、メンドクサイひとです。。。


☆勝栄鮨さん、ごちそうさまでした☆ モグ (((´~`))) モグ



関連ランキング:寿司 | 神恵内村その他



+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


お腹も満ち充ちたので、また温泉巡りにもどります (`・∀・´)

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (3) 
神恵内村リフレッシュプラザ温泉998☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

ネーミングが長すぎ (´-∀-`;)

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (4) 
温泉入口です。

ちょっと、取ってつけたように貴重品ロッカーが
置かれていますが、最近どこの温泉施設でも盗難・紛失には
神経質になってるんですよね。

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (9) 
シンプルな脱衣場です。

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (5) 
洗面台もちょっとこじんまりしています。


神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (8)
洗い場はスペースが広く取られていて、あずましいですね。


神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (6)
内湯には白湯の浴槽が3~4つと、源泉の浴槽がひとつ。

源泉の浴槽は1段高いところにあって、殿様気分 (♥´艸`)

人が多くて、内湯の写真は、これ1枚 (´-∀-`;)


神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (7) 
露天風呂です。

展望はあまりよくないですが、広めの浴槽なのが嬉しいですね。

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (1) 
笹濁り色のお湯は、海水の1.3倍の塩分濃度。

でも、湯上りはベタベタするわけじゃなく、サラリとした肌触りです。

神恵内リフレッシュプラザ温泉998 (10) 
カナヅチのワタクシでも、軽く浮いちゃうかも?
なんて思ったけど、うまくいきませんでした (♥´艸`)

こちらの温泉には、療養専用の浴室もあるそうです。


☆リフレッシュプラザさん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤神恵内リフレッシュプラザ温泉998✤

HP

古宇郡神恵内村大字神恵内村字大川116番地1
TEL:0135-76-5100


日帰り入浴:(4月~10月) 11:00~21:00 500円 
      (11月~3月) 12:30~20:30 

泉質:ナトリウム-塩化物・強塩泉
(弱アルカリ性高張性温泉)
泉温:41.9℃ pH値:7.78


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


次にお邪魔したのは、
潮香荘 (2) 
☆盃温泉 ホテル 潮香荘☆ さんです (*´∀`*)

ちょっと雪が激しくなってきました (^ー^;)

ホテル、というより民宿に近いイメージ。
潮香荘 (3)
玄関ロビーに売店がありますが、少々淋しい雰囲気 (*´・∀・`*)ゞ 


浴室入口。
潮香荘 (7)
靴箱の右手が女湯になります。

潮香荘 (4) 
脱衣場は清潔感たっぷりです。


潮香荘 (9)
ワタクシたちが一番乗りだったのか、
洗い場も整頓されてて綺麗です。


潮香荘 (5)
ちょっと曇りすぎていますが・・・(^ー^;)

浴槽はシンプルな長方形のが一つだけ。

とても透明なお湯です。


潮香荘 (1)
こちらは露天風呂

内湯同様、長方形の浴槽です。

HPの雰囲気からは、露天からの眺めが良さそうだったのですが、
意外と目隠しの塀が高くて、入浴すると何も見えません。


潮香荘 (10)
塀から覗き込むと、日本海が (*´∀`*)

天気の良い夏の日は、素晴らしい景色でしょうね。

潮香荘 (8)
小さな漁港もあるようですね。
盃漁港なのかな。

もう少し展望がいいのかなーと、期待していたのですが
ちょっとだけ、残念 (´・ω・`)

後でダンナ様に聞いたら、男性用の露天風呂の目隠しは
透明な板なのだそう ヽ(´Д`;)ノ

ズルい!ズル過ぎる!!(笑)

男性って、いいなぁ・・・(・д・)チッ

男だったら、宿泊したいお宿でした (´-∀-`;)



泊村 盃温泉 潮香荘✤

HP

古宇郡泊村盃温泉湯元
TEL:0135-75-2111


日帰り入浴:10:00~22:00 500円 

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温:43.7℃ pH値:7.74

循環・塩素消毒有り、露天風呂加温有り


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


本日の温泉巡りはここまで。

これから本日のお宿へ向かいます。



**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(3)へ続きます。
( ゚д゚)ノ ヨロ


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m



✤2013.02.08(Fri.) 訪問✤ 


冬は天候も不安定で、なかなか出掛けるのも大変なのですが、
ダンナ様の週休二日は冬の間だけ。

シバレも吹雪も覚悟の上、積丹方面へ出かけることに。


正直、積丹あたりのイメージって、
ウニ、積丹ブルーの美しい海。

ま、そんなものはどこにも見当たりませんが (^ー^;)


金曜の仕事が終わってから小樽までやって来ました。

今晩のお宿?は、いつもお世話になってる
オスパさん。

まぁ、宿ではございませんがね (♥´艸`)

朝まで仮眠できるので、ありがたい存在です。

オスパさんについては、過去記事を( ^ω^)_凵 どうぞ  こちら



寝る場所は良いとして、
小樽の食事は非常に悩みどころ。

たまにしか来ない、しかも夜遅くの食事は非常に困ります。

ワタクシ達とすれば、どうせなら小樽らしい食事、
旬のもの、旨いものが食べたいと思うのですが、

小樽はお店の閉店時間が早いところが多いんですね。


悩みに悩み・・・・

金太の金太 (1) 
(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン 真っ黒 ((´∀`*))キャ,、'`♪

金太の金太☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)


小樽らしい、焼肉店さんに一度行ってみようかと。

1階部分は駐車スペースですので、お店は2階部分になります。

店内は結構広めです。

小上がり席とテーブル席があります。

金太の金太 (3) 
焼肉メニュー(拡大します)

正直なとこ・・・うまい、しびれ、いける、とか

言われても、どんな食感でどんな味なのか、さっぱりわかりません(笑)

金太の金太 (7) 
お肉の他の焼き物。

野菜とかキノコ類、一品料理も少々あります。

金太の金太 (6) 
ご飯ものと酒類メニュー。

ここでワタクシ、痛恨のミスに気づく・・・(´-∀-`;)


クチコミを見たら、ラーメンや肉丼があって美味しそうだったので
お邪魔したんですが、どれもランチメニューだったみたい・・・(´;ω;`)

ちょっとテンション下がったけど、
気を取り直して食べましょう♪


金太の金太 (12) 
寒いので、七輪で暖をとりながら、お肉を待ちます (*´∀`*)


金太の金太 (2) 
この時期ならではの、ニシン漬け。

ビールが進んじゃいます (*´∀`*)


そして、
金太の金太 (11) 
はい、どーーーん。

(´-ω-`)ウーン・・・

時間が経ってしまったせいもあるけど、
もうこの時点で何が何だか分からない感じに (^ー^;)

カルビとホルモンと、もう一つ何かを頼んだような気がするんですがね。

しびれ、だったかな・・・・(´ε`;)ウーン…

まさかのワンボウルで、ちょいと動揺しましたが、
どれも美味しくいただきましたよ。

金太の金太 (10) 
追加でラム肉も。

値段的にも北海道産では なさそうですが、
臭みもなく美味しいラム肉でした。

金太の金太 (8) 
締めのおこげ (♥´艸`)

金太の金太 (5) 
これを網で炙って、

金太の金太 (9) 
このスープに、じゅぅ~っと入れて頂きます。

そう、小樽の方はね、
食べ終わった焼肉のタレを、こうしてスープで割って飲むんですって。

噂では聞いていたのですが、本当だったんですね (*´∀`*)

脂ギトギト浮いてるんじゃないかとか
色んな想像してましたが、案外飲めるもんですね。

今度は是非、ランチの「きまり丼」を
食べに伺いたいです (*´∀`*)


☆金太の金太 さん、ごちそうさまでした☆ モグ (((´~`))) モグ



関連ランキング:焼肉 | 南小樽駅小樽駅



+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


✤2013.02.09(Sat.) 訪問✤


朝、オスパさんを出発し、一路 古平まで向かいます。

古平温泉の日帰り入浴時間まで 少し時間があったので、
コンビニ横で既に営業初めていた、

田中商店 (1) 
☆丸八 田中商店☆ さんにお邪魔しました (*´∀`*)

おみやげ、海産物と聞いてはね (♥´艸`)

田中商店 (2) 
いらっしゃいませ、のイラストがニクイねぇ (σ´∀`)σ
(※写真クリックで拡大します)

中はちっちゃいスーパー的な感じ。

対面販売の鮮魚コーナーに、
かすべのホッペとか、色々買いたいものはあったのだけど、
帰りが明日なので、泣く泣く我慢 ゚(゚´Д`゚)゚

クーラーボックスに入れやすい、
岩内おみやげ (3) 
自家製のいか塩辛。

岩内おみやげ (1) 
自家製のたらこ

この2点のみ、お買い上げ。

どちらも手作りで、昔っぽい懐かしさを感じるような味付けでした。

たらこは着色されてなくて好印象 ( ´∀`)bグッ!

近くにお店があったら、お魚買いに毎日通いそう (♥´艸`)


✤丸八 田中商店✤

HP

古平町大字浜町74
TEL:0135-42-2359


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

さて、海産物物色中に、
日帰り入浴開始時間となりましたので、

日本海ふるびら温泉しおかぜ (1) 
☆日本海ふるびら温泉 しおかぜ☆ さんにお邪魔しました (*´∀`*)

雪にピントが合ってて、(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

平成23年に出来た施設らしく、こじゃれた外観ですね。

日本海ふるびら温泉しおかぜ (5) 
こちらの休憩スペース、
ワタクシの好きな囲炉裏風になってて、気に行っちゃいました (♥´艸`)

やっぱり我が家にも欲しい!

日本海ふるびら温泉しおかぜ (2)
お風呂入口。

女湯と男湯の間に、家族風呂があります。

ま、ここはスルーで (^ー^;)


日本海ふるびら温泉しおかぜ (3)
脱衣場は、新しいだけあってすっきり~。


日本海ふるびら温泉しおかぜ (4) 
洗面台は背中合わせに2つずつあります。

オープンと同時にお客さんが沢山入ってきて、
内湯の写真は残念ながらありません (´;ω;`)


HPよりお借りしました ○┓ペコリ
日本海ふるびら温泉しおかぜ (11) 
女湯の源泉浴槽です。

日本海ふるびら温泉しおかぜ (10) 
こちらは男性。

すごい泥のような色をしてますよね (*´∀`*)

日本海ふるびら温泉しおかぜ (9) 
こちらは露天風呂

残念ながら、5月~10月までしか露天風呂は使えません。
半年間だけですね。淋しい・・・(´-∀-`;)

ナトリウム泉なので、とても身体が温まります。

ちょっとタオルが茶色くなるかもですが (^ー^;)

サウナや白湯浴槽もちゃんとありますよ♪


☆しおかぜ☆さん、いい~お湯でした ('-'*)アリガトゥ♪

✤日本海ふるびら温泉 しおかぜ✤

HP

古平町大字新地町89-1
TEL:0135-42-2290


日帰り入浴:10:00~21:00 500円 

泉質:ナトリウム-塩化物泉
(中性高張性高温泉)
泉温:53.5℃ pH値:7.02


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

てな感じで、
あまり色気のない回顧録の始まりです (・∀・)アヒャ

**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(2)へと続きます○┓ペコリ


また長々と続きますが、
お付き合い下さると幸いです。



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。