北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 

過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、奥洞爺湯めぐりに出かけましたワタクシたち、
これまでの行程は、

**温泉グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(1)  こちら

**温泉グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(2)  こちら
ご参考ください ○┓ペコリ


✤2013.01.12(Sat.) 訪問✤ 

さぁ、長々と引っ張っておりますが、
ワタクシの食いしん坊な心の現れと思って頂いて・・・ (*´・∀・`*)ゞ 

食べた分、そしてこれから食べる分の
消費に向かいます (`・ω・´)シャキーン


まずは、
湯人家 (2) 
☆ばんけい温泉 湯人家(ゆのとや)☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)

奥洞爺、って意外に広範囲なんですねぇ。

こちらの温泉では、
湯人家 (3) 
看板犬ならぬ、看板ハムスターがいます (♥´艸`)

ちょっとお顔が見えてないのが残念ですが (^ー^;)

個室を与えられて、3~4匹、飼育されてました。

湯人家 (4) 
白が基調の、すっきりしたスペース。

食堂もあって、入浴セットのプランもあるようです。

湯人家 (9) 
脱衣場もすっきりとしていて、清潔感を感じます。

 湯人家 (1)
脱衣スペースは広くはありませんが、
他のお客さんもいなかったので、不便は感じませんでした。


湯人家 (8) 
内湯です。

開けた瞬間、ものすごい湯気で・・・ (*´・∀・`*)ゞ 

手前の浴槽がバイブラ風呂になってます。

源泉温度が92℃と高温なので、浴槽のお湯も高めです。

とは言っても、ワタクシたちは熱いお湯が好きなので
物足りないくらいなんですが (^ー^;)

植木鉢の向こうに扉があって、
湯人家 (7) 
露天風呂があります (´-∀-`;)

2、3人入ると もう窮屈なサイズで、
あまり開放感の感じない露天風呂ですが、

外の空気で顔を冷やしながらの入浴は気持ちいいです。

透明で、ちょっとツルキシ感のあるお湯は、
それだけで充分 疲れた体へのご褒美です (*´∀`*)

☆湯人家 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ばんけい温泉 湯人家✤

HP

有珠郡壮瞥町字蟠渓8-10
TEL:0142-65-2225
日帰り入浴:11:00~21:00   500円

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
泉温:92.2℃


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さて、湯めぐり 2湯目は、壮瞥温泉の
いこい荘 (2) 
☆旬菜宿坊 いこい荘☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)

玄関&ロビー。
いこい荘 (1)
どことなくレトロちっくな感じがします。

いこい荘 (4) 
脱衣場はとてもシンプル。

残念ですが、ドライヤーは なさそうです。

いこい荘 (3) 
洗面台と反対側の壁側に棚が設けられています。

カゴ・・・なかったかもしれません。

いこい荘 (5) 
内湯のみの、こじんまりとした浴室。

と、ここで子供連れのご家族が入って来られたので、
写真はこれだけ (^ー^;)

左中央の、浴槽前の機械の箱?
これが少々邪魔くさくてしょうがなかったです(笑)

カラン、シャワーは左手に1箇所、右手に3箇所。
リンスインシャンプーとボディーソープ完備です。

こちらは少し緑がかった、透明でなめらかなお湯ででした (*´∀`*)

☆いこい荘 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤旬菜宿坊 いこい荘✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉83番地
TEL:0142-75-2522
日帰り入浴:07:00~09:00, 15:00~21:00   300円

泉質:含芒硝食塩泉
泉温:43.4℃ pH値:6.6

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+



さて、湯めぐり3湯目。

ホテル中の島 (2) 
☆ホテル 中の島☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

正直、いこい荘さんからそんなに離れてなくて、
服の脱ぎ着も面倒なくらい チャウ((・ェ・。)(。・ェ・))チャウ

湯めぐり制覇のため、頑張ります ハィ★(o´3')ノ

玄関ロビーは少々暗い感じで、淋しげだったのですが、

ホテル中の島 (1) 
浴室も淋しげ (・ω・`)

真ん中は、乾燥機でしょうか。

ホテル中の島 (7) 
あ、洗濯機 (♥´艸`)

長期滞在の方が多いんでしょうかね。

ホテル中の島 (6) 
脱衣場はとても清潔感があって ( ´∀`)bグッ!

ホテル中の島 (4) 
浴室は変形の湯船が一つ。

ホテル中の島 (3) 
シャンプー類完備。


ホテル中の島 (5) 
お湯は無色透明に見えますが、若干茶色がかっています。

入浴前にフロントの方にも言われましたが、
お湯はぬるめです。

気温が低くなると湯温が下がります、と浴室に張り紙がありましたので
加温はしていないということですね。

お湯はぬるくても、塩化物泉なので
上がった後でもポカポカとします。

終始 他のお客さんもなく、ゆっくりとお湯に浸かることができました (*´∀`*)


☆ホテル 中の島さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ホテル 中の島✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉103番地
TEL:0142-75-4115
日帰り入浴: ?   400円

泉質:ナトリウム・カルシウム‐炭酸水素塩・硫黄塩・塩化物泉
(中性低張性高温泉)

泉温:43.4℃ pH値:6.6

 +*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


お風呂上がりのポカポカが なかなか引かないままですが、
湯めぐり4湯目。

ペンションおおの (2) 
☆ペンション おおの☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

右がペンション入口、左がレストランの入口になっています。

実は、この日お休みだった模様・・・ (^ー^;)

がっかりした顔が 功を奏した?のか、
「でも、いいですよ。どうぞ。」
って、優しいお言葉 (*´∀`*)

嬉しいなぁ。
対応してくださった奥様、本当に感じ良くて
泊まってみたくなりました。

ペンションおおの (5) 
玄関からまっすぐ階段を昇って、浴室へ。

ペンションおおの (6) 
姫がお出迎え (♥´艸`)


ペンションおおの (7) 
何となく、我が家のお風呂場のような雰囲気の脱衣場。

画像が小さいですが、
洗面台の鏡の横の張り紙、「シャンプーバー」のご案内なんです。

張り紙の下に、沢山ボトルが置いてあって、
自分の好みのシャンプーを選んで使えるんです。

いいですね、こういうサービス (♥´艸`)

ペンションおおの (8) 
脱衣カゴの配色も、演出かな?


ペンションおおの (1) 
こちらも内湯だけのお風呂ですが、お湯は熱めです。

ペンションおおの (9) 
シンプルですが、何故か落ち着くお風呂でした。

お湯は黒っぽく見えますが、透明です。

こちらは温泉ではなくて、
有珠山の山麓から採取した溶岩石浴槽に、ブラックシリカを使用したお湯が
注がれているんですね。

《ブラックシリカとは》
ブラックシリカは北海道、上ノ国町でしか採掘されない、
数億年前に珪草類が堆積してできた天然鉱石です。
常温でも97%以上の遠赤外線を半永久的に放射するという
優れた特性をもった世界でも稀少な石です。

※HPより引用

名前は聞いたことはあったけど、
効果絶大なんですね。
勉強になりました ○┓ペコリ

ペンションおおの (4) 
左の蛇口からは水が出るので、自由に温度調節できます。

でも、ワタクシにとってはこの熱さがちょうど良かったので、無用でした。

ペンションおおの (3) 
マーライオン?
気に入りました (・∀・)

お休みだったのに、快く入浴させて下さって、とても感謝です ○┓ペコリ
オーナーのお人柄も良さそうで、アットホームな雰囲気が良かったです。

☆ペンション おおの さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤ペンション おおの✤

HP

有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉56-2
TEL:0142-75-4128
日帰り入浴:07:00~10:00,15:00~20:00(湯めぐりの客のみ)

泉質?:ブラックシリカ原石使用の溶岩風呂


少々お湯疲れしましたが(笑)、
今夜のお宿へ参ります~。

続きは、
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(4)
へ続きます (*´∀`*)



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ


関連記事
スポンサーサイト
 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。