北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 
過去ネタですが、個人の備忘録ゆえ、ご容赦下さい ○┓ペコリ

サボり続けた温泉訪問&グルメ記録を
記憶を辿りつつちょぼちょぼ書いております。

2013年訪問当時の記録ですので、あしからず ○┓ペコリ

まるまる1年遅れで、失礼いたします m(_ _)m


さて、奥洞爺湯めぐりに出かけましたワタクシたち、
これまでの行程は、

**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(1)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(2)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(3)  こちら
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり(4)   こちら

ご参考ください ○┓ペコリ


✤2013.01.13(Sun.) 訪問✤ 

洞爺湖のかわなみ さんで
ゆっくり時間を過ごしたあとは、残りの湯めぐり2軒へと向かいます。


まずは、5湯目の
蟠岳荘 (1) 
☆蟠岳荘☆ さんへ、お邪魔しました (*´∀`*)


蟠岳荘 (3) 
ロビーでまず目を惹かれた、このゲーム機 (*´∀`*)

懐かしい~。
まだ動くのかな?って気になったけど、お金は入れませんでした ((´∀`*))キャ,、'`♪


蟠岳荘 (4) 
大浴場の他に、ジャグジー風呂もあるようですが、
ワタクシたちは大浴場の方へ行くことにしました。

それにしても、なんでこんなところに、
そんなパーマ機みたいなもんが あるんでしょうかね (´-∀-`;)

ちょっとタイムスリップしたような感覚に陥ります。

蟠岳荘 (7) 
浴場入口。

改装したんでしょうか?
ロビーの雰囲気とは大違いです。

蟠岳荘 (8) 
明るくて、ピンキーな脱衣場。

これまた意外。
もっと鄙びた感じを想像していました (^ー^;)

蟠岳荘 (9) 
くもってしまいましたが、お風呂は長方形の浴槽の内湯がひとつだけ。

蟠岳荘 (6)
シャンプー類はありません。
石鹸が一個だけありました。

窓が大きくて、内湯だけど開放感あります。

外の雪景色をぼんやり眺めながら、

蟠岳荘 (5) 
かけ流されるお湯をゆっくり楽しみました。

蟠岳荘 (2) 
( ´ー`)フゥー...

いいなぁ。ここ、なんか落ち着きます。

HPを見ると、お食事もお母さんの手作りな感じで
とてもいい印象でした。

今度は泊まってみたいかも (♥´艸`)

夜はダンナ様とゲーム対決 ((´∀`*))キャ,、'`♪


☆旅館 蟠岳荘 さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤旅館 蟠岳荘✤

HP

有珠郡壮瞥町蟠渓18
TEL:0142-65-2277
日帰り入浴:07:00~22:00 300円 

泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉
(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温:67.2℃ pH値:7.31


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


さぁ、湯めぐり最終6湯目は、

民宿たかはし (3) 
☆民宿 たかはし☆ さんです (*´∀`*)

こちら、ずっと気になっているんですが、
1階は居酒屋、2階はそばやさん をされているんですね。

仕事終わりから出発することが多いので、
居酒屋さんを併設されてる宿は有難い存在なんですよね。

周りにはお店っぽいところはないですが、
こちらなら遅くに到着しても、食事も摂れて、温泉にも入れるかも。

聞くと、居酒屋は24:00頃まで営業とか。
これは次回候補に決定かな。

まぁ、いつになるやら、わかりませんがね ┐(´∀`)┌

2階のお蕎麦屋さんの方の入口からお邪魔して、
お風呂にご案内頂きます。

お風呂は1階部分にあって、狭い階段を降りていきます。

民宿たかはし (6) 
男女で若干のお湯の温度差があるそうです。

男性用が少し高温とか。

鍵をかけて、どちらでもお好きな方に入っていいですよ、と
貸切にしてくださいました (*´∀`*)

民宿たかはし (1) 
女性用の脱衣場。

民宿たかはし (5) 
すごく細長い浴室です。

小さい浴槽が一つあるだけです。
ちょっと圧迫感があるかも (^ー^;)

こちらは覗くだけにして、男性用に入ることにしました。

男性用の脱衣場は、
民宿たかはし (4) 
洗濯機が置かれていて、更にせまい ((´∀`*))キャ,、'`♪

お風呂から上がって、二人で着替えをしましたが、
窮屈なこと (♥´艸`)

民宿たかはし (2) 
女性用の浴槽より少し広い浴槽でした。

浴槽の隅に、石が置かれていましたが、
ゲルマニウム原石だとのこと。

熱いお湯好きのワタクシたちには そんなに高温には感じませんが、
後からとってもポカポカしてくるお湯でした。

聞くと、温まりすぎて、裸のまま外に出られるお客さんも多いとか (♥´艸`)

HPのお食事も、居酒屋メニューも、
地元食材を使って、手作り感溢れてていい感じ♪

是非泊まってみたいお宿です。

☆温泉民宿 たかはし さん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪ 


✤温泉民宿 たかはし✤

HP 

伊達市大滝区北湯沢温泉町39番地
TEL:0142-68-6665
日帰り入浴:10:00~15:00(湯めぐり期間中17:00まで) 500円

泉質:アルカリ性単純温泉 (低張性アルカリ性高温泉)
泉温:90.4℃ pH値:8.5


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+ 


さぁ、これで湯めぐりも無事終了 (*´∀`*)

少し淋しいけれど、帰途につかねばなりません (´;ω;`)

あ、その前に、

軽く昼ごはんを・・・ (♥´艸`)

きのこ王国 (2) 
☆きのこ王国☆ さんの、きのこそば♪

きのこ王国 (5) 
・・・と、きのこご飯(?)のセット (゚∀゚)アヒャ

ヾ(・∀・;)オイオイ ダンナ様、どこが軽く?

ワタクシは、
きのこ王国 (4) 
天ぷらうどん♪

この舞茸の天ぷら、こう見えてすごくデッカイですよー。

スーパーで売ってる1パック分はありそうです(笑)

でも、ここの舞茸は、歯触りもザクザクとしてて美味しいんです。

お土産品、オリジナルのなめたけなどなど、
商品が豊富なんですよね。

ついつい、寄ってしまいます。

そうそう、
きのこ王国 (1) 
いつも気になってて食べてなかった、1杯100円のきのこ汁。

うん、きのこのお出汁が一杯で、これは美味しかったです (*´∀`*)

晩ご飯用に、
きのこ王国 (3) 
おにぎりも購入。

あとは おみやげコーナーでジンギスカンを買えば、
夕飯の心配ナシ (♥´艸`) 


きのこ王国さんのHP  こちら 

大滝本店、北湯沢、喜茂別、仁木、と4店舗ありますが、
駐車場も店舗も広いので、観光バスも多くいつも賑わっています。


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

さぁ、この湯めぐりの旅も最終章。


あら(´・∀・`)

素直に帰るとお思いでナイわよ。

旅のラストを飾るのは、

祝梅温泉 (4) 
かしがった ボウリングのピンが目印の、


祝梅温泉 (10) 
☆祝梅温泉☆ さんです (*´∀`*)

以前、お盆休みを利用してお邪魔したことがあるのですが、
祝梅温泉さんも お盆休みで、入浴ならず (´-∀-`;)

今回はリベンジです (`・ω・´)シャキーン

祝梅温泉 (6) 
看板犬がお出迎えです (*´∀`*)

お食事中でした (♥´艸`)

とっても自由なワンちゃんでしたね。

玄関ドアを開けると、
祝梅温泉 (1) 
広い空間。

昔の家の土間みたい。

温泉というより、何か普通の家っぽいけど・・・

祝梅温泉 (3) 
中もやっぱり、普通の家っぽかった (・∀・)

ガラステーブルとソファーが置かれている場所が休憩所かな?

その奥は、おばあちゃんが座ってて、
普通の家庭のお茶の間 (♥´艸`)

そして、休憩所と茶の間の間の空間が、
祝梅温泉 (2) 
売店コーナー ((´∀`*))キャ,、'`♪

いや、これホントです。

バナナ、玉ねぎ、みかん、柿、人参などの野菜色々。

ちゃんと値段がついてますもん。

少々・・・微妙に・・・
色んな香りが入り混じっています (´-∀-`;)


しかし、本当にこちらの温泉は、
常連客の方たちで賑わっています。

コーヒー色をして、トゥルーっとした熱いお湯が味わえます。

残念ながら、お風呂の写真はございませんが・・・ ○┓ペコリ

祝梅温泉 (9) 
脱衣場のドアを開けると、こんな感じです。

姿見に体重計完備。
畳スペースで、ゆっくり休めますね。

祝梅温泉 (8) 
写真が良くないですが、脱衣棚がありますが、
かごはなかったように思います。

少々、ささくれだってたかな・・・(´-∀-`;)

祝梅温泉 (7) 
こちらが浴室への入口。

重ね重ね申しますが、写真はここまで。

お湯は本当に熱いですが、
水の出る蛇口があるので、うめるのは自由のようです。

ワタクシが入浴した時は、蛇口の近くに入浴したので、
先客の方が調整した後だったのか、良い加減のお湯でした。

そう思ってお風呂から上がると、

ダンナ様は・・・

まるで茹でダコみたいに真っ赤っかな顔で出てきました ∑(((((゚д゚;ノ)ノ

常連の方は、やっぱりこの熱さを求めてやって来るんですよね。

男性のお風呂は、あまり加水されてなかったようで、
熱い湯好きなダンナ様でも、かなりキツかった模様 ((´∀`*))キャ,、'`♪

こんなダンナ様を見たのは初めてかも、でした。


千歳、って 温泉といいラーメンといい、
なかなか侮れない街のようですね。

要チェックですね (*´∀`*)


✤祝梅温泉✤ 

千歳市祝梅2142-7
TEL:0123-29-2222
日帰り入浴:14:00~21:00(最終入場20:30) 350円

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
 (旧泉質名:含重曹-食塩泉)

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+

長々と
**温泉・グルメ回顧録**@奥洞爺 泊まって無料のお湯めぐり シリーズ、

お付き合いいただき有難うございました ○┓ペコリ


2013年は、ダンナ様、
北海道じゃらんの 温泉スタンプラリーに燃えた年でした。

正直、ワタクシたちの好みの温泉施設は少なかったのですが、
沢山の施設を巡ることが出来て、本当に感謝です。

そして、現時点でのワタクシたちの
北海道温泉巡りは模索の旅でもあります。

またゆっくり行きたい町、ゆっくり浸かりたいお湯、
ゆっくり泊まりたい宿を見つける旅でもあります。

いつかリタイヤした後で、
心ゆくまで楽しむために。

できうれば、
そろそろ家に帰っておくか?、って
言えるような旅が出来るために。

模索の旅は続きます。

ゆるゆる更新ではありますが、
今後ともまたお付き合い頂けると幸いです ( ゚д゚)ノ ヨロ



ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



関連記事
スポンサーサイト
 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。