北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 




今日のお宿に向かうワタクシたち。

時折、強く雪が降ったものの、吹雪じゃなくて助かりました。

まぁ、夏でも冬でも、
嵐を呼ぶ男のダンナ様と一緒では、
素敵な景色などは拝めませんがね ┐(´∀`)┌

積丹~古平~岩内 風景 (4) 
この辺の景色は、奇岩が多く見られるところ。

積丹の海は、積丹ブルーの美しい海。

冬の海でも、波は白波ではなく、青い波です。

積丹~古平~岩内 風景 (1) 
これは、ロウソク岩かしら?

苫前のロウソク岩とは雲泥の差 ((´∀`*))キャ,、'`♪
それっぽいわぁ。

積丹~古平~岩内 風景 (2) 
同じ日本海だと言うのに、別の顔ですわよね。

積丹~古平~岩内 風景 (3) 
昔のこちら方面のトンネルは、「ほら穴」のイメージでしたが、
今は随分と整備されて来ましたね。

大型車とも、安心してすれ違えます (^ー^;)

※以上の写真の地域の特定はしかねます(笑)
積丹~古平当たりの海岸道路から見えた風景です。


さ、そんなお話をしているうちに、
お宿に到着です (`・ω・´)

岩内高原ホテル (21) 
外観写真を撮り忘れて・・・(*´・∀・`*)ゞ

☆いわない高原ホテル☆ さんへお邪魔しました (*´∀`*)

岩内高原ホテル (7) 
到着すると、ロビーのソファーに案内されて、

岩内高原ホテル (3) 
お茶と羊羹のサービス (♥´艸`)

料理長の手作り羊羹で、とても美味しかったですー。

岩内高原ホテル (1) 
ボールペンも北海道らしくて素敵 (・∀・)


岩内高原ホテル (10) 
お部屋は海側の和室ですが、

ホテル自体は洋風な雰囲気。

岩内高原ホテル (2)

階段の途中にも、木のオブジェが施されていたり。

 岩内高原ホテル (4)


階段の上からのロビーの眺め。
岩内高原ホテル (58) 
あまりごちゃごちゃし過ぎてなくて、落ち着きます。

岩内高原ホテル (57) 
柄にもなく、乙女チックな気分で写真を撮りまくる、オバハン一人・・・(♥´艸`)

こちらのホテルの敷地はとても広くて、庭園、テニスコート、
荒井記念美術館、ログハウス、バーベキューテラスなどなど盛りだくさん。

夏はアクティブに楽しめそうですね♪

ワタクシには、お伝えできなくて残念ですが・・・ (*´・∀・`*)ゞ 




ワタクシ達、これまでに結構お風呂は入ってきたのですが、
到着早々、お風呂へ行くことに。

と、言うのも、大浴場は 夜1:00~朝5:00までは入浴できないことと、
予約制で宿泊客には貸切のお風呂も利用出来るとのこと。

食事の時間、貸切風呂の時間を考えると、
今でしょ (σ´∀`)σ 的な・・・ (´-∀-`;)


岩内高原ホテル (17) 
浴室入口です。


岩内高原ホテル (16)
ちょっとした休憩スペースに、
マッサージチェアとトレーニングマシーンが置いてあります。


岩内高原ホテル (48)
脱衣場はシンプルですっきりしています。

岩内高原ホテル (49) 
洗面台には、化粧水などのアメニティはありません。

脱衣場自体、広くはありませんが、
客室数も33部屋ほどなので、あまり混み合うことはなさそうです。


岩内高原ホテル (34)
内湯です。

岩内高原ホテル (30)
澄んだお湯ですが、こちらも食塩泉ですので、
身体の温まりは ( ´∀`)bグッ! です。


岩内高原ホテル (32) 
かけ流される音を聞きながらの入浴は、やっぱり落ち着きます。

天気ががいいと、大きな窓から景色が楽しめると思います。

この大きな浴槽の脇に、 

 岩内高原ホテル (31)
ちいなさ浴槽が設けられています。

子宝の湯、というネーミングがされていましたが、
正直違いがよく分からず・・・(^ー^;)

温度の違いだけかな?

男湯は、長寿の湯だったそうです。

岩内高原ホテル (46)
内湯からの眺め・・・ビミョウ (・∀・)

冬はいかんですね ┐(´∀`)┌


露天風呂へは、内湯から
岩内高原ホテル (22) 
この階段を降りて行きます。


岩内高原ホテル (19) 
ちょっと細長くて写しにくいのですが・・・。


岩内高原ホテル (24)
ちょうど内湯の下に露天風呂がある感じで、
こちら側には開放感は感じられません。


岩内高原ホテル (23)
建物の下になっていない部分は、
雪見の露天風呂が楽しめて ( ´∀`)bグッ!

でも、ちょっとぬるめで・・・ (´-∀-`;)
あまり長居はできませんでした。

岩内高原ホテル (27)
結局、お湯が注ぎ込まれている
開放感のない部分に へっぱりついて おりました (*´・∀・`*)ゞ 

源泉温度が高いので、加温はせずに、
気温の低い時だけ温湯を加えている、と表示がありました。


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


予約制の貸切風呂の方は、

岩内高原ホテル (59)
実は、かなり イイです(笑)

こんなちっちゃい浴槽だけ?
って、思いますでしょ?

左のドアを開けると、
岩内高原ホテル (35)
寝湯の浴槽が、ふたつ並んでいます (♥´艸`)

いいわぁ~、これ。

宿泊者は無料で利用できるし、家族風呂の内湯だけのものだろうと
想像していたのですが、いい意味で予想を裏切られました。

貸切風呂は2タイプあって、もう一つは確か、樽の形状の浴槽だったと思います。

岩内高原ホテル (36) 
岩内の夜景も見られますよ。

空いてたら、何度でも貸し切りたかったな (*´∀`*)


☆いわない高原ホテルさん、いい~お湯でした☆ ('-'*)アリガトゥ♪


✤いわない高原ホテル✤

HP

岩内郡岩内町字野束506番地
TEL:0135-62-5101


日帰り入浴:(平日)15:00~20:00 1000円
(日・祝日)12:00~20:00 

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(低張性中性高温泉)
泉温:49.9℃ pH値:7.32

塩素消毒有り


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+


お風呂も堪能したので、これからお待ちかねの晩ご飯です (*´∀`*)


**温泉・グルメ回顧録**@小樽~積丹~岩内方面(4)へ続きます。
( ゚д゚)ノ ヨロ


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ



関連記事
スポンサーサイト
 
web拍手 by FC2
テーマ * 温泉旅行・温泉宿 ジャンル * 旅行

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。