北海道北部の田舎町の暮らしと、道内温泉巡り、食べたもの、愛犬のことなどの備忘録
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

 

 

 

 
おはようございます ○┓ペコリ

昨日は  のち  だった、苫前町です (*´∀`*)

穏やかな天気になって、ホンット良かったわぁ。

お盆はこうでなくちゃね(意味不明) ┐(´∀`)┌


2014.08.15(Fri.)のダダ弁(ダサイダンナ弁当)

2014✽No.182

20140815 (1)
 エビマヨ和え
梅おかか きんぴらごぼう
餃子
蕗の炒め煮
タラコ

(*´・∀・`*)ゞ

お盆、ですから ヾ(・∀・;)オイオイ

餃子も蕗の炒め煮も、冷凍庫からゴソゴソ引っ張り出しました(笑)

 冷凍庫整理、と思って色々引っ張り出してるつもりなのだけど、
あまりスッキリした気がしなーい (・ε・)ムー

どんだけ詰まってんの?って話よね ┐(´∀`)┌
 


ついでのワダ弁(ワタクシのダサイ弁)
20140815 (3) 
エビは、小麦粉つけて揚げ焼きして、
ケチャップ、マヨ、砂糖で和えただけー (●´ω`●)ゞ

レモン添えればよかったね。

本日の滋味地味さん。
20140815 (4) 
梅おかか きんぴらごぼう。

そう、ダンナ様ご指定の 梅干に漬け込まれてるおかかを使用 (。-∀-)ィヒ♪
シミッタレ料理だけど、案外このおかか、いい味出します ( ´∀`)bグッ!


20140815 (2) 
今朝は・・・今、曇り。

写真を撮ってた時間は、日が差していたのですが、
お日様、雲の中に隠れてしまいました (´;ω;`)

今晩は、いつもより少し賑やかな夜になるなぁ (*´∀`*)
久しぶりに、BBQかな。



♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*


さて、8月10日 富良野紀行も大詰めです(笑)

夜ご飯のためのジンギスカンを買い込んだワタクシ達。

江部乙温泉 (16) 
えべおつ温泉ホテルさんにお邪魔しました (*´∀`*)

ワタクシ、ずっと前から こちらの温泉が気になっていて、
それとなくダンナ様にモーションをかけていたのですが、ようやく念願が叶いました。

調べてみると、大正初期に冷鉱泉が発見され、
その後昭和57年に温泉も湧出したようです。

現在も双方かけ流しで利用されているとあります。

(。-∀-)ィヒ♪

正直言って、滝川に寄ることはあっても、目と鼻の先の江部乙に寄るのは
なかなかマニアックです(笑)

でも、江部乙の小林ジンギスカンさんのお肉は、
ワタクシ幼少時代は実家御用達のお肉でございました。

隠れた名店の匂いがするところなのです (♥´艸`)

江部乙温泉 (15) 
建物の前には、全く時間の狂っている 小さな時計台があります。

そういうところが また いい味出してるのよね。

ロビーには、
江部乙温泉 (2) 
パソコンコーナーと、

江部乙温泉 (1) 
懐かしすぎるサッカーゲーム ヽ(´Д`;)ノ

いいねぇ。
一泊して、ダンナ様と白熱したゲームで盛り上がりたいわ (♥´艸`)


江部乙温泉 (6)  
建物自体はそう新しくはありませんが、
きちんと清掃や手入れが行き届いてるように思います。

玄関から少し下がったところに、休憩所と浴室があります。

この休憩所。
江部乙温泉 (4) 
囲炉裏があるー (*´∀`*)

そしてこれ、自在鉤というの?
江部乙温泉 (5) 
素敵すぎるっ ヽ(´Д`;)ノ

我が家に欲しい!
ひとり大興奮(笑)

江部乙温泉 (14) 
脱衣場です。

レトロな雰囲気が漂います。

浴室は、
江部乙温泉 (13) 
銭湯だ (・∀・)

洗面器はやっぱ、ケロリンですよ (σ´∀`)σ

江部乙温泉 (12) 
さすがにシャワーは所々今風に取り替えられていますね。

こちらと向かい合わせにも洗い場が設けられています。

江部乙温泉 (11) 
こんな感じ。

手前がバイブラバス、
江部乙温泉 (9) 
その奥が超音場風呂の寝風呂。

江部乙温泉 (7) 
そして、源泉、冷鉱泉と配置されています。

この源泉は約30度。

ワタクシには辛い温度ですが、じっと入っていると、
身体の中からホカホカしてくるのがわかります。

ほんの少し、金属臭のする白濁したお湯です。

江部乙温泉 (8) 
奥側に加温された温泉浴槽。

一段高くなったほうが高温泉で、
江部乙温泉 (10) 
オーバーフローしたお湯がお隣の浴槽に注がれています。

あまり高温の浴槽には人が入っていないようで、
下の浴槽もかなりぬるめです。

ワタクシは、冷たい源泉と高温泉を交互に入りました。

浴槽の中には かなりな湯の花の浮遊も見られて
一言で温泉銭湯と呼ぶには申し訳なく思いました。

湯上りのサラッとした肌触り、身体の温まり方、
かなりお気に入りの温泉になりました。

男湯は終始混んでいたようで、ダンナ様はあまりくつろげなかったようですが、
泉質に関してはお気に召して頂けたようです ( ´∀`)bグッ!

本当は、富良野で入浴とも考えたのですが、
富良野の温泉施設は日帰りで1000~1500円というところも多く、
季節柄混み合うことは必至。

こちらを選んで大正解だったなぁと しみじみ思いました。


えべおつ温泉ホテル 様 HP  こちら

別館の そば処も気になって来ますわね。

こちらはまたいつか、再訪したいですね (*´∀`*)


い~いお湯でした♪ な、ワタクシは、
今日も元気に出勤するのでございます。


☆ミ(o*≧∇≦)ノ”イッテキマ-ス!!


ワダブログ(ワタクシのダサイブログ)にお付き合いくださり、有難うございます。

オバハン、抗ってるなー、頑張れよ、ポチっ!

として下さると、なお感謝ですにほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 
web拍手 by FC2

more


関連記事
スポンサーサイト
テーマ * お弁当 ジャンル * グルメ

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 風かおる町から, all rights reserved.

Katz

Author:Katz
北海道 道北の小さな町からの情報が
何かのお役に立てると幸いです。
オーバーミドルフォーティ共稼ぎ夫婦の
何かに抗う記録です。

ダンナ様:パチンコ・マンガ好きの末っ子長男
お義母さん:ダンナ様ママ、畑と編み物好き
ワタクシ:家事嫌い・料理ベタ・手抜き万歳な
     会社員嫁
Leo様:ミニチュアダックス(ブルーダップル)
    2010.11.16生まれ オス(♂)

✤基本、リンクフリーですが、相互リンク・ブロ友申請は受け付けておりません。
もし万が一、リンクの際には一言メッセージ頂けるとかなり喜びます(笑)
コメント欄は開けたり閉めたりと勝手気ままですが、過去記事へのコメントでもお気軽にどうぞ。✤

**はじめに** (1)
**Onsen**@List (0)
**Onsen**@宗谷支庁 (4)
**Onsen**@上川支庁 (11)
**Onsen**@空知支庁 (4)
**Onsen**@石狩支庁 (4)
**Onsen**@後志支庁 (15)
**Onsen**@十勝支庁 (9)
**Onsen**@胆振支庁 (11)
**Onsen**@渡島支庁 (4)
**Onsen**@網走支庁 (9)
**Onsen**@根室支庁 (5)
**Onsen**@留萌振興局 (3)
**グルメ**@宗谷支庁 (3)
**グルメ**@上川支庁 (20)
**グルメ**@空知支庁 (11)
**グルメ**@石狩支庁 (13)
**グルメ**@後志支庁 (7)
**グルメ**@胆振支庁 (9)
**グルメ**@渡島支庁 (7)
**グルメ**@網走支庁 (4)
**グルメ**@十勝支庁 (5)
**グルメ**@根室支庁 (1)
**グルメ**@留萌振興局 (73)
**グルメ**@北海道以外 (1)
あれこれ@トマオマナイ (30)
道産子Foods (24)
駄ダベンとかワダ弁とか。 (866)
Mダックス☆彡レオ (225)
ChocolaとLatteのLunchBox(旧ブログ) (28)

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログをリンクに追加する

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。